カテゴリー「ジャクソン・ブラウン」の121件の記事

2019年5月20日 (月)

今日5月20日はスーザン・カウシルの誕生日です。

スーザン・カウシルはザ・カウシルズ唯一の娘。
彼女が参加したのはセカンド・アルバムからで、大ヒット曲“The Rain, The Park And Other Things(雨に消えた初恋)”には参加していないようです。

そんな彼女が2010年に出したアルバム「Lighthouse」収録の“Avenue of the Indians”にはジャクソン・ブラウンが参加しています。

Lighthouse_150

01.Dragon Flys
02.Avenue of the Indians
03.Sweet Bitter End
04.You and Me Baby
05.River of Love
06.Could This Be Home
07.Lighthouse
08.The Way That It Goes
09.ONOLA
10.Galveston
11.Real Life
12.Crescent City Sneaux

Lighthouse
Lighthouse
posted with amazlet at 19.05.20
Susan Cowsill
Blue Rose (2010-05-31)
売り上げランキング: 1,269,001

Hmv_logo

Susan Cowsill/Lighthouse
Susan Cowsill/Lighthouse
5184 円
Susan Cowsill/Lighthouse Dragon Flys / Avenue of the Indians / Sweet Bitter End / You and Me Baby [For Miranda] / River of Love / Could This Be Home / Lighthouse / Way That It Goes / Onola / Galveston

 

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-Song For Adam_Part.1 (1972~1998)

今回から“Song For Adam”です。
今のところ8ヴァージョンあるようなので、まずは4ヴァージョンを。

01.【Dianne Davidson-Mountain Mama】1972
Mountain_mama_150









01.Mountain Mama
02.Brand New Tennessee Waltz
03.Something Fine
04.I Want to Lay Down Beside You
05.Carey
06.When My Room Gets Dark Again
07.Song for Adam
08.Ain't Gonna Be Treated This Way

このアルバムは、ジャクソン・ブラウン・ソングブック-Something Fine_Part.1 (1972・1978) でも紹介しました。

Mountain Mama
Mountain Mama
posted with amazlet at 19.03.21
Dianne Davidson
CD Baby (2014-12-20)
売り上げランキング: 396,965

Tower_records_logo
Dianne Davidson-Mountain Mama

 

Hmv_logo

Dianne Davidson/Mountain Mama
Dianne Davidson/Mountain Mama
1123 円
Dianne Davidson/Mountain Mama

 

 

 

 

 

 

Itunes_logo


キキ・ディー3枚目のアルバムにしてエルトン・ジョンの「Rocket」レコードからの第一弾。もちろんプロデュースはエルトンで、この曲も彼の勧めで取り上げられたようです。
エルトンはジャクソンの「For Everyman」(October 1973)収録の“Redneck Friend”Rockaday Johnnieの名でピアノ参加していますのでそんな関係からなのでしょう。

ジャクソンのヴァージョンに比べると明るめの感じですが、とても声に魅力があり好きなヴァージョンでもあります。

Loving and Free
Loving and Free
posted with amazlet at 19.03.31
Kiki Dee
EMI (2008-04-15)
売り上げランキング: 1,290,985

Tower_records_logo_4
Loving And Free (EU)

 

Hmv_logo

Kiki Dee/Loving And Free (Rmt)
Kiki Dee/Loving And Free (Rmt)
1944 円
60年代後半 70年前半にかけてイギリスのソウル・シンガーとして活躍。初のイギリス人白人シンガーとしてモータウンと契約し、その後エルトン・ジョンのロケット・レコーズよりアルバム数枚を発表したキキ・ディーのカタログ作品がデジタル・リマスタリング&ボーナス・トラック付で再発! ロケット・レコーズからのデビュー・アルバム(オリジナル盤:1973年) Loving And Free (Uk Chart:

 

 

 

 

 

 

 

Itunes_logo_3

 

 

03【Larry Norman-Streams Of White Light Into Darkened Corners】1977
Streams2f_orig
01.Spirit In The Sky
02.Put Your Hand In The Hand
03.Bridge Over Troubled Water
04.Let It Be
05.My Sweet Lord
06.Presence Of The Lord
07.I Think He's Hiding
08.He Gives Us All His Love
09.Stranger In A Strange Land
10.Prince Of Peace
11.Song For Adam
12.Shine A Light

ラリー・ノーマンは「クリスチャン・ロック・ミュージック」の先駆者の一人だそうです。


残念ながら現在入手困難のようです。

 

04【Maria Del Mar Bonet-Cantame Mis Canciones】1998
Cantame_mis_canciones_150_1
01.Tú Tranquilo(Take It Easy)/Kiko Veneno
02.Niño(Niño)/Jabier Muguruza
03.Cocaína(Cocaina)/Loquillo
04.Estos Días(These Days)/Enrique Urquijo
05.Linda Paloma(Linda Paloma)/Nel-Lo Y La Banda Del Zoco
06.Cançó Per A Adam(Song For Adam)/María Del Mar Bonet
07.El Juego Que Me Perdió(Call It A Loan)/Petisme
08.Barricadas Do Ceo(The Barricades Of Heaven)/Emilio Cao
09.La Propera Veu Que Escoltes(The Next Voice Of You Hear)/Remigi Palermo
10.Mis Dow Yos Y Vosotros Dos(Two Of Me, Two of You)/Paco León
11.Cielo Negro Y Azul(Sky Blue And Black)/Cielo Negro Y Azul
12.El Aspirante(The Pretender)/Lidia Pujol y Silvia Comes
13.Como Un Corazón(In THe Shape Of A Heart)/Luis Eduardo Aute
14.Aún Sin Llegar(Late For The Sky)/Guardabarranco
15.Blues De Chica Lista(You Bright Baby Blues)/Javier Mas
16.Cántame Mis Canciones(Sing My Songs To Me)/José Manuel Pagán

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-These Days_Part.2 (1979~2003) でも紹介したスペインのミュージシャンによるジャクソンのトリビュート・アルバムです。
CDのライナーノーツによれば、マリア・デル・マール・ボネットは「1947年、地中海はマジョルカ島出身の女性歌手、現スペイン領のマジョルカは大きな意味でカタルーニャ文化圏に属しており、彼女も60年代からカタルーニャ語で歌うノヴァ・カンソのムーブメントに関わってきた。」との事です。

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-Something Fine_Part.3 (2014~2018)

07.【Karla Bonoff-Looking Into You: A Tribute To Jackson Browne】2014
0312_lookingintoyou

07.【Karla Bonoff-Carry Me Home】2018
07carry_me_home
01.Home
02.All My Life
03.Carry Me Home
04.Tell Me Why
05.Rose In the Garden
06.Something Fine
07.Wild Heart of the Young
08.All the Way Gone
09.New World
10.On Your Way To Heaven
11.Daddy’s Little Girl
12.Restless Nights
13.Goodbye My Friend
14.Someone To Lay Down Beside Me
15.Lose Again
16.The Water Is Wide

ジャクソンのトリビュート・アルバムに収録された後、自身のアルバムにも収録されました。

 

「Carry Me Home」、2018年の来日時にはライヴ会場で販売されたようですが、他の日本の大手CDショップでの販売はないようです。 アメリカでは今年になってからamazonnでも販売されるようになりましたが日本のamazonでは取り扱いがなくMP3のみのようです。

Carry Me Home
Carry Me Home
posted with amazlet at 19.03.21
Karla Bonoff (2019-02-22)
売り上げランキング: 8,990

Itunes_logo

 

 

08【Tim Shelton-Jackson Browne Revisited】June 15, 2015
Tim_shelton_150
01.Doctor My Eyes
02.Late For The Sky
03.Fountain Of Sorrow
04.The Pretender
05.Love Needs A Heart
06.My Opening Farewell
07.Somebody’s Baby
08.Call It A Loan
09.Take It Easy
10.The Road
11.Take This Rain
12.Something Fine

この方に関しては詳細不明、デジタル配信のみのようです。

 

 

Jackson Browne Revisited
Jackson Browne Revisited
posted with amazlet at 19.03.21
MRI (2015-06-16)

Itunes_logo_2

彼女はオハイオ州コロンバスを中心に活動しているシンガー・ソングライターだそうで、このアルバムを含め3枚のアルバムをリリースしているようです。

Something Fine
Something Fine
posted with amazlet at 19.03.21
R.J. Cowdery
CD Baby (2015-06-17)

Itunes_logo_4

 

10【Patrick Louis Knudsen-What Is Already Living】2018
10what_is_already_living
01.Winter Lady
02.The Dutchman
03.Something Fine
04.Dead Egyptian Blues
05.Norwegian Wood (Live)
06.And so It Goes (Live)
07.Wayfaring Stranger
08.A Whiter Shade of Pale
09.If I Were a Carpenter
10. Reason to Believe (Live)
11.You've Got to Hide Your Love Away (Live)
12.Spoon River

この方も詳細不明です。

What Is Already Living
What Is Already Living
posted with amazlet at 19.03.21
Patrick Louis Knudsen
CD Baby (2018-03-20)

Itunes_logo_5

 

次回からは「Song For Adam」

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-Something Fine_Part.2 (2010~2012)

1980年代以降見当たらなかった“Something Fine”のカバーが2010年から現れてきます。
私の知る限り2010年以降8ヴァージョンあるので、今回は4ヴァージョンを。

03【Mark Reedy】2010?
この方はYouTubeで偶然見つけました。


その後ネットで検索してみたのですが、Mark Reedyさんに関する情報が全くつかめません。もちろん音源に関する情報も。
そこで次にこの動画の
Directed by Ian Asbjørnsen
Produced by Amy Reedy

というのを手がかりに調べてみる事に。

Ian Asbjørnsenさんは映像作家?
Amy Reedyさんは「Reedy」姓だからMark Reedyさんの奥さんなんでしょうか?調べてみるとIMDb(インターネット・ムービー・データベース)に名前を発見。
すると、「Writer」項目に9credit、「Actress」に7credit、「Second Unit Director or Assistant Director」に7credit、「Editor」に7credit、その他あるわあるわ。
なかなかの方のようであります。

さらにFacebookアカウントもあったので見てみると、「Ian Asbjørnsenさんと既婚」って書いてあるではありませんか!そうでしたか、このお二人がご夫婦でしたか。じゃあ、Amyさんは30~40代に見えるからMarkさんはお父さん?謎(^_^;)

 

04.【Tony Barca & Mike Nugent-Breakfast Club Band Sessions, Vol. 1】December 7, 2010
0481tnko9kzrl_ss500_
01.Rock & Roll Nights
02.Keep Your Distance
03.Better Off Stayin’ Home
04.Missin’ You Is The First Thing On My Mind
05.Sweet Lady
06.Something Fine
07.Sleep With The Lion
08.Two Time Loser
09.Old Head, Young Shoulders
10.Look What You've Done To Me
11.Come Home With Me Tonight
12.The Circle
13.Falling In Love For The First Time
14.If Not For Me
10.No Looking Back
このお二人も初めて聞くお名前です。
Tony BarcaさんはAmazonでもCDの取り扱いがあり、Facebookのオフィシャルページには「Rock, Rhythm & Blues-Singer Songwriter」とあります。
Mike Nugentさんは同姓同名のアメリカン・フットボール選手しかヒットしません(^_^;)
YouTubeにも、この曲の動画は見当たりませんので、Amazonのページで試聴を。
Breakfast Club Band Sessions, Vol. 1
slideROCK Records (2010-12-07)

Itunes_logo

| | コメント (0)

2019年3月19日 (火)

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-Something Fine_Part.1 (1972・1978)

まずは70年代の2ヴァージョンです。

01.【Dianne Davidson-Mountain Mama】1972
Mountain_mama_150









01.Mountain Mama
02.Brand New Tennessee Waltz
03.Something Fine
04.I Want to Lay Down Beside You
05.Carey
06.When My Room Gets Dark Again
07.Song for Adam
08.Ain't Gonna Be Treated This Way

1971年に19歳でデビューした彼女の1972年発売のサード・アルバム。
残念ながら当時は全く知らず随分後になってから知る事になります。

「スワンプ・ロック・ファンに名高いブルーアイド・カントリー・ソウル・ディーヴァ」、なんて書いてあるサイトもありますが、20歳になるかならないかでこの貫禄、凄いです。
ちょっとフィービー・スノウを彷彿させる声でもあります。

しかもこの方、リンダ・ロンシュタット、B.B.キング、ジミー・バフェット、タミー・ウィネット、バリー・マニロウ、レオン・ラッセル等々数多くのミュージシャンと仕事をしているとか。 なので調べてみたところ、リンダ・ロンシュタット1973年のアルバム「Linda Ronstadt」収録の“I Won't Be Hangin' Round”に参加している事が判明。 リンダのこのアルバム、後にイーグルスを結成する面々をバックにレコーディングされた作品として有名ですが、全10曲中“Birds”はトルバドールでのライヴ・レコーディン、残る9曲の中でこの“I Won't Be Hangin' Round”だけがマッスル・ショールズで録音されています。 そしてこの曲ににメリー・クレイトンらと共にバッキング・ヴォーカルとして参加しているからビックリ!
Lindaronstadt_credit_red_150

Mountain Mama
Mountain Mama
posted with amazlet at 19.03.21
Dianne Davidson
CD Baby (2014-12-20)
売り上げランキング: 396,965

Tower_records_logo
Dianne Davidson-Mountain Mama

Dianne Davidson/Mountain Mama
Dianne Davidson/Mountain Mama
1123 円
Dianne Davidson/Mountain Mama

 

 

 

 

 

 

Itunes_logo

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月11日 (月)

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-Jamaica Say You Will_Part.3 (2014・2017)

1983年The Seldom Sceneを最後にしばらく途絶えていたこの曲のカバー、約30年後の2004年、トリビュート・アルバムでベン・ハーパーによりカバーされます。

07.【Ben Harper-Looking Into You: A Tribute To Jackson Browne】April 1, 2014
Lookingintoyou_s

このアルバムからは、以前ジャクソン・ブラウン・ソングブック-These Days_Part.6 (2013~2017)でドン・ヘンリーを紹介しました。

以前にも書きましたが、ベン・ハーパー2011年のアルバム“Give Till It's Gone”はジャクソンのスタジオでレコーディングされていましたね(   Ben Harper(ベン・ハーパー)の新作にジャクソン・ブラウンが参加)。

Tower_records_logo
Looking Into You: A Tribute To Jackson Browne

Hmv_logo
icon icon

Itunes_logo

08.【Cris Williamson-Motherland】2017
08motherland_150 01.Farewell, Angelina
02.The Magdalene Laundries
03.Hard Times In Babylon
04.Woman
05.Song of Bernadette
06.I Never Meant To Hurt You
07.Enough To Be On Your Way
08.Be Careful
09.Jamaica Say You Will
10.Motherland

Cris Williamsonは1964年にデビューして今なお活動を続けているシンガー・ソングライターだそうです。
Cris Williamson - Wikipedia

Itunes_logo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 7日 (木)

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-Jamaica Say You Will_Part.2 (1973~1983)

04.【Bonnie Koloc-Hold On To Me】1972
Hold_on_to_me_72 A-1. Sailing Ship
A-2. Burgundy Wine
A-3. The Lover In Winter Plaineth For The Spring
A-4. Hold On To Me
A-5. Sweet Mama
B-1. We Are Ships
B-2. Angel From Montogomery
B-3. Jamaica
B-4. Diamond Lil
B-5. Every Day II

前回のPart.1投稿後に知ったので1972年の作品ですがこちらに追加。
カバーだけでなく彼女の存在すら知らなかったという情けなさ(^_^;)

CD化はされていないようです。

0000000
0000000

05.【Roger McGuinn-Roger McGuinn】(Jun) 1973
04roger_mcguinn_150_s 01.I'm So Restless
02.My New Woman
03.Lost My Drivin' Wheel
04.Draggin'
05.Time Cube
06.Bag Full Of Money
07.Hanoi Hannah
08.Stone
09.Heave Away
10.M' Linda
11.The Water Is Wide
[Bonus tracks on 2004 Sundazed CD reissue]
12.Jamaica, Say You Will
13.John, John

1973年発売のオリジナル・アルバムには収録されておらず、2004年Sundazedから再発された際にボーナス・トラックとして追加されています。
とは言え、レコーディングは他のアルバム収録曲と同時期のようですのでここで紹介させていただきます。

動画は見当たらなかったので、試聴は下記Amazonのページで
https://www.amazon.co.jp/dp/B07DFLQMWP/ref=dm_ws_tlw_trk13

Tower_records_logo_4
Roger McGuinn-Roger McGuinn

Itunes_logo_3

 

06.【Joe Cocker-Jamaica Say You Will】April 1975
Jamaicasayyouwill_150 01.(That's What I Like) In My Woman
02.Where Am I Now
03.I Think It's Going to Rain Today
04.Forgive Me Now
05.Oh Mama
06.Lucinda
07.If I Love You
08.Jamaica, Say You Will
09.It's All Over But the Shoutin'
10.Jack-A-Diamonds

有名なカバーなのですが、残念ながら今やなかなか手に入らないようです。

07.【The Seldom Scene-At the Scene】1983
06atthescene_150_s 01.A Girl I Know
02.Jamaica, Say You Will
03.Open up the Window, Noah
04.Winter Wind
05.Heal It
06.The Weary Pilgrim
07.It Turns Me Inside Out
08.The Champion
09.Born of the Wind
10.Peaceful Dreams
11.Let Our Mother Nature Have Her Way
12.I'll Remember You Love in My Prayers
13.Some Morning Soon

The Seldom Sceneは1971年から活動しているブルーグラス・バンドだそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 2日 (土)

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-Jamaica Say You Will_Part.1 (1971・1972)

【ジャクソン・ブラウン・ソングブック-These Days】では、デジタル配信のみのもの以外は極力CDで集めることにしていましたが、1曲聴きたいがために買い求めたCDが増えに増え困っております。
逆に断捨離せねばならぬ年齢でもありますし、どうしてもCDで欲しい物意外はダウンロードで済ます事に致しました(^_^;)

それと、“These Days”の場合多い時で10曲ほどまとめて投稿したため時間がかかってしまったので今回は少しずつ。
まずは1970年代の3ヴァーションを。

01.【The Byrds-Byrdmaniax】June 23, 1971
Byrdmaniax_150_s 01.Glory, Glory
02.Pale Blue
03.I Trust
04.Tunnel of Love
05.Citizen Kane
06.I Wanna Grow Up to Be a Politician
07.Absolute Happiness
08.Green Apple Quick Step
09.My Destiny
10.Kathleen's Song
11.Jamaica Say You Will

2000 CD reissue bonus tracks
12.Just Like a Woman
13.Pale Blue" [Alternate Version]
14.Think I'm Gonna Feel Better

クラレンス・ホワイトがリード・ヴォーカルを取るとても好きなヴァージョンです。

なお、Byrdmaniax - Wikipediaによると“On bonus track 12 Larry Knechtel plays organ and Jackson Browne plays piano. . . . ”という事なのですが、私の所有する2000年輸入盤・国内盤共にそのような記載が見当たらないようで未確認です。

 

02.【The Nitty Gritty Dirt Band-All the Good Times】January 1972
All_the_good_times_150_s 01.Sixteen Tracks
02.Fish Song
03.Jambalaya (On the Bayou)
04.Down in Texas
05.Creepin' Round Your Back Door
06.Daisy
07.Slim Carter
08.Hoping to Say
09.Baltimore" (Jim Ibbotson) - 3:44
10.Jamaica Say You Will
11.Do You Feel It Too
12.Civil War Trilogy
13.Diggy Liggy Lo

1stアルバム「The Nitty Gritty Dirt Band」“Melissa”“Holding”、2ndアルバム「Ricochet」“Shadow Dream Song”“It's Raining Here in Long Beach”、3rdアルバム「Rare Junk」“These Days”を取り上げていた彼ら、「Uncle Charlie & His Dog Teddy」ではジャクソンの曲はありませんでしたが、続く5枚目のこのアルバムでまた取り上げてくれました。

Tower_records_logo
オール・ザ・グッド・タイムズ<生産限定盤>

Hmv_logo
icon

icon

 
03.【Tom Rush-Merrimack County】April 1972
Merrimack_country_150 01.Kids These Days
02.Mink Julip
03.Mother Earth
04.Jamaica, Say You Will
05.Merrimack County II
06.Gypsy Boy
07.Wind on the Water
08.Roll Away the Grey
09.Seems the Songs
10.Gone Down River
1968年の「The Circle Game」“Shadow Dream Song”を、1970のセルフ・タイトル・アルバム「Tom Rush」“These Days”“Colors of the Sun”をカバー(ジャクソン・ブラウン・ソングブック-These Days_Part.1(1967~1977)参照)した彼が、ここでもジャクソンの曲を取り上げています。

この動画、“Jamaica, Say You Will”だけでなく“Merrimack County II”も含まれていてしかも途中でフェイドアウトされている変な編集、音も悪いです。

Tower_records_logo_3
メリマック・カウンティ<完全生産限定盤>

Hmv_logo_2
icon icon

Itunes_logo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月28日 (月)

1月27日はピート・シーガーの命日です。

【Where Have All the Flowers Gone - The Songs of Pete Seeger】1998 Where_have_all_the_flowers_gone_150

このアルバムの中でジャクソンはボニー・レイットと一緒に“Kisses Sweeter Than Wine(ワインより甘いキス)”をカバーしています。
この曲は元々古いアイルランドの曲のようで、アイルランドのシンガーであるサム・ケネディ“Drimmin Down”を歌っているのをLeadbelly(レッドベリー)が聴いたのが始まり。
レッドベリーはリズムを変えて“If It Wasn't for Dicky”として発表したようです。

ウィーヴァーズ時代のピート・シーガーはそのレッドベリーの曲を聴き、メンバーのリー・ヘイズと共に新しい歌詞を付け加えて作られたのが“Kisses Sweeter Than Wine(ワインより甘いキス)”だそうです。

演奏は
ギター:デヴィッド・リンドレー
ベース:ケヴィン・マコーミック
ドラム:モウリシオ・ルウォック
オルガン:ジェフ・ヤング

Jackson Browne & Bonnie Raitt / Kisses Sweeter Than Wine

The Weavers

レッドベリーの“If It Wasn't for Dicky”も聴いてみましょう。

 

【The Songs of PETE SEEGER Vol.2】2001
The_song_of_pete_seeger_vol2_150

“Where Have All the Flowers Gone - The Songs of Pete Seegerの続編としてリリースされたのがこのアルバム。

ここではジャクソン・ブラウンとジョーン・バエズにより“Guantanamera(グァンタナメラ)”がカバーされています。
グァンタナメラは元々キューバの曲ですが、ピート・シーガーが取り上げたことにより世界中に広まったと言われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月27日 (日)

ジャクソン・ブラウンの1stアルバムがGrammy Hall of Fameに選出?

Jacksonbrowne_150

ジャクソン・ブラウンの1stアルバムがGrammy Hall of Fameに選出されたというニュースが伝わって来ました。
下記サイトはロック関連のニュースを主体としているので、エアロスミス、トム・ペティそしてジャクソンの名前が大きく扱われていますが、実際には25の楽曲・アルバムが選ばれているようです。
Ultimate Classic Rock

グラミーのオフィシャルサイト」はこちら
2019 Grammy Hall Of Fame Inductions

【追記】1月28日23:10
「uDiscoverMusicJP」サイトでも殿堂入り全リストが見られます。https://www.udiscovermusic.jp/news/miley-cyrus-and-red-hot-chili-peppers-added-to-grammy-awards?fbclid=IwAR1HVHlhiPiUWEDe80fNr9k7gvisQGiwo9Caial-yrVygHSfL5Bf_y4HNls

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧