カテゴリー「ジャクソン・ブラウン」の104件の記事

2017年9月23日 (土)

Laid Back Festivalでジャクソンとブルース・スプリングスティーンが共演

Static1squarespacecom
今年のLaid Back Festival、9月21日に始まり5回にわたって開催されるのですが、初日9月21日のジャクソン・ブラウンのオーディエンス・ショットによる映像が公開されています。

今日9月23日はブルース・スプリングスティーンの誕生日ですのでここでは彼との共演を。

このフェスにボス単独の参加はありませんが、この日はジャクソンとの他に Little Steven And The Disciples Of Soulとも2曲共演しているようです。

そして曲順は前後しますが、そのLittle Stevenはジャクソンと“I am a Patriot”で共演です。

ジャクソンは今日23日と24日にも出演しますが、ここでも何かあるんでしょうか?

ジャクソン9月21日のセットリストはこちら
01.You Love the Thunder
02.Somebody's Baby
03.Fountain of Sorrow
04.The Long Way Around
05.I'm Alive
06.For Everyman
07.Melissa
08.Looking East
09.Doctor My Eyes
10.These Days
11.Redneck Friend
12.The Pretender
13.Running on Empty
14.I Am a Patriot(with Little Steven)
15.Take It Easy(with Bruce Springsteen)
16.Our Lady of the Well(with Bruce Springsteen)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-These Days_Part.3 (2004~2007)

みなさん意外だと思われるかもし知れませんが、 These Daysのカバーは2000年代が圧倒的に多いんです。
前回Part.2で紹介した3曲を含めて、私が把握しているだけでも
2000年代には実に28曲ものヴァージョンが存在します。
しかもマイナーなアーティストが多い上にデジタル配信のみの曲もあります。

Part.1、Part2は10曲程度ずつ紹介して来ましたがこのペースで行くといつまでかかるか分からないので予定変更で少しずつ。
今回は2004~2007年の7曲(22~28)です。

22.【Griffin House-Everwood (Soundtrack from the TV Show)】2004
Everwood_150_s 01. Lonely People/Jars of Clay (America Cover)
02. Trouble/Kristin Hersh (Cat Stevens Cover)
03. These Days/Griffin House (Nico, Jackson Browne Cover)
04. The Only Living Boy in New York/David Mead (Simon and Garfunkel Cover)
05. Summer Breeze/Jason Mraz (Seals and Crofts Cover)
06. Father and Son/Leigh Nash (Cat Stevens Cover)
07. The Harder They Come/Guster (Jimmy Cliff Cover)
08. Don't Be Shy/Travis (Cat Stevens Cover)
09. Operator (That's Not the Way It Feels)/Toby Lightman (Jim Croce Cover)
10. The First Time Ever I Saw Your Face/Stereophonics (Roberta Flack Cover)
11. Cathedrals/Jump Little Children (America Cover)
12. Main Title Theme for Everwood/Blake Neely (America Cover)
13. A Love Song/Treat Williams (Loggins & Messina, Anne Murray Cover)

「Everwood」はアメリカThe WB系列で2002年9月16日から2006年6月5日まで放送されたドラマで、日本でも「エバーウッド 遥かなるコロラド」のタイトルで「BS-i(現BS-TBS)」や「スーパー!ドラマTV」で放送されたそうですが、私は観たことがありません。

 

Hmv_logo
icon icon

Itunes_logo_2 Everwood (Original Television Soundtrack)

Everwood (Original Television Soundtrack)
Various Artists
価格: 1,100円
posted with sticky on 2017.8.30

23.【Kathryn Williams-Relations】17 May, 2004
Relations_s_02 01. In a Broken Dream(Python Lee Jackson cover)
02. Birds(Neil Young cover)
03. Thirteen(Big Star cover)
04. Hallelujah(Leonard Cohen cover)
05. Ballad of Easy Rider(The Byrds cover)
06. A Guy What Takes His Time(Mae West cover)
07. Candy Says(The Velvet Underground cover)
08. How Can We Hang On to a Dream(Tim Hardin cover)
09. I Started a Joke(The Bee Gees cover)
10. Easy and Me(Lee Hazlewood cover)
11. Spit on a Stranger(Pavement cover)
12. All Apologies(Nirvana cover)
13. Beautiful Cosmos(Ivor Cutler cover)
14. These Days(Nico, Jackson Browne Cover)

リヴァプール出身の女性シンガー・ソングライターによるカバー集で、
04. Hallelujahと14. These Daysは2003年ロンドンでのライヴ・レコーディングです。

Tower_records_logo
Kathryn Williams-Relations

HMV : なし

Itunes_logo

 

Tower_records_logo_2
Wicker Park

Hmv_logo
icon icon

Itunes_logo

 

Itunes_logo



28.【St. Vincent
Paris is Burning (EP)】2006
St_vincent__paris_is_burning_150 01. Paris is Burning
02. What Me Worry?
03. These Days
04.
05.
06.
07.
08.
09.
10.


Marry Me (Japanese Edition)】 10 July, 2007
Marry_me_150_02 01. Now, Now
02. Jesus Saves, I Spend
03. Your Lips Are Red
04. Marry Me
05. Paris is Burning
06. All My Stars Aligned
07. The Apocalypse Song
08. We Put a Pearl in the Ground
09. Landmines
10. Human Racing
11. What Me Worry?
Japanese bonus track
12. These Days

EPで発表された後に“Marry Me”の国内盤にのみボーナス・トラックとして収録されました。あくまで国内盤のみで輸入盤には収録されていませんのでお間違えなく。


この“Marry Me”のアルバムはCDエクストラ仕様になっていて“Your Lips Are Red”のライヴ映像が入っているのですが、その映像と同時に収録されたと思われる“These Days”のライヴ映像がYouTubeにアップされていました。

Amazonマーケットプレイスに出品がありますが、正価は2,457円(税抜き)ですからちょっと高いです。

TOWER RECORD : なし
HMV : なし

Itunes_logo_2

次回Part.4は1年間に5つのヴァージョンが発表された2008年(29~33)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

エリン・ボーディー(Erin Bode)、These Daysのパフォーマンス映像を公開

2017年8月9日にジャクソン・ブラウンの“These Days”を含むカバー・アルバム「HERE & NOW」をリリースした事は以前にこのブログでもご紹介しました(http://thesedays.way-nifty.com/blog/2017/08/erin-bodethes-1.html)が、そのパフォーマンス映像が9月15日に公開されました。

Screenshot006_2

Screenshot007_2

レコーディングと同じメンバーによる演奏のようですが、ご本人は以前と比べかなりふっくらとしたお姿のようです(^_^)

Tower_records_logo
HERE & NOW

Hmv_logo
icon icon

Itunes_logo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

The Birds Of St. Marks”のピアノ・アコースティック・ヴァージョン?

Theroadeast_liveinjapan
10月4日に日本限定で発売されるジャクソン・ブラウンの「LIVE IN JAPAN」、“THE ROAD EAST - LIVE IN JAPAN”と“STANDING IN THE BREACH+THE ROAD EAST - LIVE IN JAPAN”2種類になるわけですが、後者の2枚組の方には“The Birds Of St. Marks”のピアノ・アコースティック・ヴァージョンのライヴが収録されているようです。
http://www.sonymusic.co.jp/artist/JacksonBrowne/info/485801

そこで2015年東京公演3日間の音源を聴き直してみましたが、3日間共バンド演奏でした。
2015_cd

ひょっとして他の地区での公演ではピアノだけで歌われたんだろうか?などと思いつつもう一度記事を見直してみると、「<ライヴ:ピアノ・アコースティック・ヴァージョン>収録(DISC1)」とあります。
ん?「DISC1」って“LIVE IN JAPAN”じゃなくて“STANDING IN THE BREACH”の方ですか?最近のアコースティック・ライヴでの録音ですか?
謎は深まるばかり、早く詳細が知りたいです。

と、ここまで書いてからHMV見たら、ちゃんと“STANDING IN THE BREACH”のディスクにボーナス・トラックが追加されてました。
でもせっかく書いたし気がついていない方もいるかも知れないのでこのままアップ!


※8月の20日前後に、ソニーの発表より前にフライングでCD情報を掲載してしまったアマゾン、その後削除したまま掲載されていません(2017年9月10日現在)
ソニーのお叱りを受けたんでしょうか?これも謎(^_^;)

Tower_records_logo
THE ROAD EAST - LIVE IN JAPAN
STANDING IN THE BREACH+THE ROAD EAST - LIVE IN JAPAN

Hmv_logo_2
Road East -Live In Japan icon
Standing In The Breach +The Road East -Live In Japan 【来日記念盤】 icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

やはり本当だった!ジャクソンのライヴ盤発売されます。

Theroadeast_liveinjapan

8月22日に“Live in Japan”発売の記事を書いてすぐにAmazonから消えてしまいガッカリしていましたが、Sony Musicから正式に発表になりました。

“THE ROAD EAST - LIVE IN JAPAN”と“STANDING IN THE BREACH+THE ROAD EAST - LIVE IN JAPAN”2種類、“LIVE IN JAPAN”はハイレゾでの配信もあるようです。
詳しくは下記サイトで。
http://www.sonymusic.co.jp/artist/JacksonBrowne/info/485801

Tower_records_logo
THE ROAD EAST - LIVE IN JAPAN
STANDING IN THE BREACH+THE ROAD EAST - LIVE IN JAPAN

Hmv_logo_2
Road East -Live In Japan icon
Standing In The Breach +The Road East -Live In Japan 【来日記念盤】 icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

今更ですが“DAVID BROZA AT MASADA The Sunrise Concert With Jackson Browne and Shawn Colvin”を買いました。

Shawnjacksondavidbroza_0

ジャクソン・ブラウンも参加しているというこのDVDが発売されたのは2015年4月14日、その存在を知ってから気にはなっていたのですが、デヴィッド・ブローザって誰だか知らないしPAL方式だし、Amazonの「ほしいものリスト」に入れたまま2年が過ぎました。
久しぶりに見てみたら在庫が1点のみで価格も\1,768、即ポチりました。

映像を観ようとパッケージを開けようと思って「おや?」っと思いました。これ、右綴じ(右開き)なんです。中に入っている36Pからなるブックレットも!
横書きは左綴じ(左開き)、縦書きが右綴じ(右開き)というのが普通なのになぁ。常識を覆されました(^_^)

Img_3938
デヴィッド・ブローザはイスラエルのシンガー・ソングライターだそうで、ライヴが行われたのは世界遺産に登録されているイスラエルのマサダです。

コンサートは、ジャクソン同様アメリカから参加したショーン・コルヴィーなどの歌を途中挟みながら進み、17曲目にジャクソンが一人で“For Everyman”を歌います。
Vlcsnaperror011

再びデヴィッドが登場してジャクソンと一緒に“Chileno Boy”という曲を。
Vlcsnaperror515

ここでジャクソンは引っ込みデヴィッド一人のステージが進みます。
そしてコンサートの終盤ジャクソンとショーン・コルヴィーを迎えて“Yihye Tov (Thing Will Be Better)”という曲を一緒に歌うのですが、この時間朝陽が昇って明るくなって来ています。
ということは、このコンサートいったい何時から始まったんでしょうか?(謎)
Vlcsnaperror383

Vlcsnaperror785

Vlcsnaperror511

ここでのジャクソンの笑顔がとても良いので、笑顔のサービスショット3連発
Vlcsnaperror367_2

Vlcsnaperror546

Vlcsnaperror744

ジャクソンはあくまでゲストで、自分の曲は1曲しか歌っていませんし出番も少ないですが、ブックレットはステージ写真満載の36Pですし、PAL方式でもパソコンでは観れます。
現在はマーケットプレイスで\4,000円以上するるので、\1,768なら買い得でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

ん?ジャクソンの“Live In Japan”?

昨夜ジャクソン・ファンの友人から届いた情報、アマゾンにジャクソンの“Live In Japan”のCDが載っていると言うではありませんか!
さっそく見てみましたが、発売予定日が2017年10月6日という以外には詳しい情報が得られません。
それならと、タワーレコード、HMV、ディスクユニオンも調べましたがこれらのサイトには全く載っていません。
では米アマゾンは?ありました。でもここにも「import」と書いてあります。いったい発売元はどこなんでしょうか?
もしやオフィシャルではないのか?でも単独の「Live In Japan」だけでなく「Standing in the Breach+ Live in Japan」という物まであります。と言うことはオフィシャルなのか?それならなぜレーベル名の明記がないのか?
謎は深まるばかりですが、発売予定日までまだ日があるので様子を見ることにします。

 

※8月25日、Amazonのページから消えたようです(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

エリン・ボーディー(Erin Bode)がジャクソンの“These Days”をカバー

Herenow_150

「ジャクソン・ブラウン・ソングブック-These Days_」もまだ2003年までしか書いていないのに、またまた新しいカバー・ヴァージョンが出てしまいました。
それがこのエリン・ボーディー(Erin Bode)“HERE & NOW”
アメリカでリリースされたのは2016年ですが、基本的には配信でのリリースでライヴ会場でのみCD販売されていたそうです。
それが日本ではは2017年8月9日にCDリリースされました。
全曲がカバー曲のアルバムで収録曲は

01. 青春の日々 (ジャクソン・ブラウン)
These Days (Jackson Browne)

02. バット・フォー・ナウ (ボブ・ドロー)
But For Now (Bob Dorough)

03. アイ・ヒア・ミュージック (フランク・レッサー)
I Hear Music (Burton Lane/Frank Loesser)

04. 思いこがれて (ポール・サイモン)
How The Heart Approaches What It Yearns (Paul Simon)

05. エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー (マット・デニス)
Everything Happens To Me (Tom Adair/Matt Dennis)

06. 1963年土曜日の午後 (リッキー・リー・ジョーンズ)
On Saturday Afternoons In 1963 (Rickie Lee Jones)

07. オレンジ・クレイト・アート (ヴァン・ダイク・パークス)
Orange Crate Art (Van Dyke Parks)

08. 月影さやかに (アーヴィング・バーリン)
Reaching For The Moon (Irving Berlin)

09. あなたの心 (ジェリー・ラファティ)
Whatever's Written In Your Heart (Gerry Rafferty)

10. ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン
(アーヴィング・バーリン)
How Deep Is The Ocean? (Irving Berlin)

11. サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー
(ジョージ・ガーシュウィン)
Someone To Watch Over Me
(George Gershwin/Ira Gershwin)

12. サム・アザー・タイム (レナード・バーンスタイン)
Some Other Time
(Leonard Bernstein/Betty Comden/Adolph Green)

These DaysはSOUNDCLOUDで聴くことが出来ます。
https://soundcloud.com/erin-bode/these-days

Tower_records_logo
HERE & NOW

Hmv_logo
icon icon

Itunes_logo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

7月16日(日)BS-TBS「SONG TO SOUL」はジャクソン・ブラウン「レイト・フォー・ザ・スカイ」

7月16日(日)BS-TBS「SONG TO SOUL」は、ジャクソン・ブラウンの来日を記念して「レイト・フォー・ザ・スカイ」が放送されるようです。

昨9日にこの情報を友達から教えてもらったのですがその時点では「SONG TO SOUL」のオフィシャル・サイトでは放送スケジュールが6月の分しか載っておらず、さらに9日の放送でも「次回は『オー・シャンゼリゼ』ジョー・ダッサン」とのテロップが流れました。
そのため半信半疑であったのですが、今日になり「SONG TO SOUL」のオフィシャル・サイトが更新され、確認する事が出来ました。

オフィシャル・サイトでは、その詳しい放送内容等は明らかにされていませんが、TVやレコーダーでその「番組説明」を見ると、「ジャクソン・ブラウンの来日を記念した特別バージョンを放送します。いつもとは趣向を変え、曲を作ったご本人のインタビューのみで構成された30分。」とあります。

ここから想像するに、2015年の来日公演を記念して「SONG TO SOUL 来日記念 extra edition」として放送されたものの再放送と思われますが、前回見逃してしまった方は是非ご覧になって下さい。

Screenshot002_2

Screenshot003

Screenshot004

BS-TBS 「SONG TO SOUL」}
2017年7月16日(日)11:00PM - 11:30PM
http://www.bs-tbs.co.jp/songtosoul/schedule/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

ニッティ・グリッティ・ダート・バンド(The Nitty Gritty Dirt Band)初期10作再発

Ngdb2015

デビュー50周年を記念して、ニッティ・グリッティ・ダート・バンド(以下NGDBと略)初期のアルバム10枚が、2017年6月28日紙ジャケットで再発される予定です。

ジャクソン・ブラウンが一時期バンドに参加していた関係から、NGDBがジャクソンの曲を多くカバーしているのはよく知られているところですね。

Timeline_may_aug_1966

今回再発されるのは

  • UICY-78343 ニッティー・グリッティー・ダート・バンド
  • UICY-78344 リコシェット
  • UICY-78345 レアー・ジャンク
  • UICY-78346 アライヴ!
  • UICY-78347 アンクル・チャーリーと愛犬テディ
  • UICY-78348 オール・ザ・グッド・タイムズ
  • UICY-78349/50 永遠の絆
  • UICY-78351 星条旗よ永遠なれ!
  • UICY-78352 ドリーム
  • UICY-78353/4 ダート・シルヴァー&ゴールド

このうち4作品でジャクソンの曲がカバーされています。

 

【ニッティー・グリッティー・ダート・バンド】 1967年
Ngdb_02_2 01.雨を降らして
02.ユーフォリア
03.メリーサ
04.ユー・トゥック・ザ・ハピネ
05.ハード・ハーテッド・ハンナ
06.ホールディング
07.ソング・フォー・ジュッタ
08.キャンディー・マン
09.ディズマル・スウォンプ
10.ライク・マイ・シスター・ケイト
11.変な言葉の変な曲
12.ユア・ゴナ・ゲット・イット・イン・ジ・エンド




【リコシェ】 1967年
Ricochet_02 01.シャドウ・ドリーム・ソング
02.ウー・プー・ペ・ドゥ・ガール
03.コニー・アイランド・ウォッシュボード
04.車の中にバーを作ろう
05.ロング・ビーチは雨
06.アイル・サーチ・ザ・スカイ
07.トゥルーリー・ライト
08.タイド・オブ・ラヴ
09.ハッピー・ファット・アニー
10.彼女の名前は忘れない
11.コール・アゲイン
12.テディ・ベアのピクニック

以上2作品に収録の4曲は、ジャクソンのアルバムには未収録ですが、“The Nina Music Demos”といういわゆる「コレクターズCD」で聴くことが出来ますね。

【レア-・ジャンク】 1968年
Rarejunk_150_02_2 01. 嘆きのブルース
02. カレッジアーナ
03. ウィリー・ザ・ウィーパー
04. コーンブレッドとラシス
05. ジーズ・デイズ
06. ニューオリンズの浮気娘
07. 反対派と賛成派
08. お前の限界
09. リーズン・トゥ・ビリーヴ
10. ヘジテーション・ブルース
11. ナンバーとネーム

【All The Good Times】1971
All_the_good_times_02 01. シックスティーン・トラックス
02. フィッシュ・ソング
03. ジャンバラヤ
04. ダウン・イン・テキサス
05. クリーピン・ラウンド・ユア・バック・ドア
06. デイジー
07. スリム・カーター
08. ホーピング・トゥ・セイ
09. ボルティモア
10. ジャマイカ・セイ・ユー・ウィル
11. ドゥ・ユー・フィール・イット・トゥー
12. 南北戦争の三大悲劇
13. ディギ・リギ・ロー



他にも彼らのアルバムの中で一番人気のあるアルバムだと思われる「アンクル・チャーリーと愛犬テディ」、リンダ・ロンシュタット参加の「ヘイ・グッド・ルッキン」が収録されてる「ドリーム」、多くのカントリーの名曲を教えてもらった「永遠の絆」等々、どこまで手を伸ばしましょうか?

Tower_records_logo
ニッティ・グリッティ・ダート・バンド<生産限定盤>

Hmv_logo
ニッティ・グリッティ・ダート・バンド:紙ジャケット/SHM-CDコレクション icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧