« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月30日 (土)

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-Something Fine_Part.2 (2010~2012)

1980年代以降見当たらなかった“Something Fine”のカバーが2010年から現れてきます。
私の知る限り2010年以降8ヴァージョンあるので、今回は4ヴァージョンを。

03【Mark Reedy】2010?
この方はYouTubeで偶然見つけました。


その後ネットで検索してみたのですが、Mark Reedyさんに関する情報が全くつかめません。もちろん音源に関する情報も。
そこで次にこの動画の
Directed by Ian Asbjørnsen
Produced by Amy Reedy

というのを手がかりに調べてみる事に。

Ian Asbjørnsenさんは映像作家?
Amy Reedyさんは「Reedy」姓だからMark Reedyさんの奥さんなんでしょうか?調べてみるとIMDb(インターネット・ムービー・データベース)に名前を発見。
すると、「Writer」項目に9credit、「Actress」に7credit、「Second Unit Director or Assistant Director」に7credit、「Editor」に7credit、その他あるわあるわ。
なかなかの方のようであります。

さらにFacebookアカウントもあったので見てみると、「Ian Asbjørnsenさんと既婚」って書いてあるではありませんか!そうでしたか、このお二人がご夫婦でしたか。じゃあ、Amyさんは30~40代に見えるからMarkさんはお父さん?謎(^_^;)

 

04.【Tony Barca & Mike Nugent-Breakfast Club Band Sessions, Vol. 1】December 7, 2010
0481tnko9kzrl_ss500_
01.Rock & Roll Nights
02.Keep Your Distance
03.Better Off Stayin’ Home
04.Missin’ You Is The First Thing On My Mind
05.Sweet Lady
06.Something Fine
07.Sleep With The Lion
08.Two Time Loser
09.Old Head, Young Shoulders
10.Look What You've Done To Me
11.Come Home With Me Tonight
12.The Circle
13.Falling In Love For The First Time
14.If Not For Me
10.No Looking Back
このお二人も初めて聞くお名前です。
Tony BarcaさんはAmazonでもCDの取り扱いがあり、Facebookのオフィシャルページには「Rock, Rhythm & Blues-Singer Songwriter」とあります。
Mike Nugentさんは同姓同名のアメリカン・フットボール選手しかヒットしません(^_^;)
YouTubeにも、この曲の動画は見当たりませんので、Amazonのページで試聴を。
Breakfast Club Band Sessions, Vol. 1
slideROCK Records (2010-12-07)

Itunes_logo

| | コメント (0)

2019年3月19日 (火)

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-Something Fine_Part.1 (1972・1978)

まずは70年代の2ヴァージョンです。

01.【Dianne Davidson-Mountain Mama】1972
Mountain_mama_150









01.Mountain Mama
02.Brand New Tennessee Waltz
03.Something Fine
04.I Want to Lay Down Beside You
05.Carey
06.When My Room Gets Dark Again
07.Song for Adam
08.Ain't Gonna Be Treated This Way

1971年に19歳でデビューした彼女の1972年発売のサード・アルバム。
残念ながら当時は全く知らず随分後になってから知る事になります。

「スワンプ・ロック・ファンに名高いブルーアイド・カントリー・ソウル・ディーヴァ」、なんて書いてあるサイトもありますが、20歳になるかならないかでこの貫禄、凄いです。
ちょっとフィービー・スノウを彷彿させる声でもあります。

しかもこの方、リンダ・ロンシュタット、B.B.キング、ジミー・バフェット、タミー・ウィネット、バリー・マニロウ、レオン・ラッセル等々数多くのミュージシャンと仕事をしているとか。 なので調べてみたところ、リンダ・ロンシュタット1973年のアルバム「Linda Ronstadt」収録の“I Won't Be Hangin' Round”に参加している事が判明。 リンダのこのアルバム、後にイーグルスを結成する面々をバックにレコーディングされた作品として有名ですが、全10曲中“Birds”はトルバドールでのライヴ・レコーディン、残る9曲の中でこの“I Won't Be Hangin' Round”だけがマッスル・ショールズで録音されています。 そしてこの曲ににメリー・クレイトンらと共にバッキング・ヴォーカルとして参加しているからビックリ!
Lindaronstadt_credit_red_150

Mountain Mama
Mountain Mama
posted with amazlet at 19.03.21
Dianne Davidson
CD Baby (2014-12-20)
売り上げランキング: 396,965

Tower_records_logo
Dianne Davidson-Mountain Mama

Dianne Davidson/Mountain Mama
Dianne Davidson/Mountain Mama
1123 円
Dianne Davidson/Mountain Mama

 

 

 

 

 

 

Itunes_logo

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月11日 (月)

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-Jamaica Say You Will_Part.3 (2014・2017)

1983年The Seldom Sceneを最後にしばらく途絶えていたこの曲のカバー、約30年後の2004年、トリビュート・アルバムでベン・ハーパーによりカバーされます。

07.【Ben Harper-Looking Into You: A Tribute To Jackson Browne】April 1, 2014
Lookingintoyou_s

このアルバムからは、以前ジャクソン・ブラウン・ソングブック-These Days_Part.6 (2013~2017)でドン・ヘンリーを紹介しました。

以前にも書きましたが、ベン・ハーパー2011年のアルバム“Give Till It's Gone”はジャクソンのスタジオでレコーディングされていましたね(   Ben Harper(ベン・ハーパー)の新作にジャクソン・ブラウンが参加)。

Tower_records_logo
Looking Into You: A Tribute To Jackson Browne

Hmv_logo
icon icon

Itunes_logo

08.【Cris Williamson-Motherland】2017
08motherland_150 01.Farewell, Angelina
02.The Magdalene Laundries
03.Hard Times In Babylon
04.Woman
05.Song of Bernadette
06.I Never Meant To Hurt You
07.Enough To Be On Your Way
08.Be Careful
09.Jamaica Say You Will
10.Motherland

Cris Williamsonは1964年にデビューして今なお活動を続けているシンガー・ソングライターだそうです。
Cris Williamson - Wikipedia

Itunes_logo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 7日 (木)

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-Jamaica Say You Will_Part.2 (1973~1983)

04.【Bonnie Koloc-Hold On To Me】1972
Hold_on_to_me_72 A-1. Sailing Ship
A-2. Burgundy Wine
A-3. The Lover In Winter Plaineth For The Spring
A-4. Hold On To Me
A-5. Sweet Mama
B-1. We Are Ships
B-2. Angel From Montogomery
B-3. Jamaica
B-4. Diamond Lil
B-5. Every Day II

前回のPart.1投稿後に知ったので1972年の作品ですがこちらに追加。
カバーだけでなく彼女の存在すら知らなかったという情けなさ(^_^;)

CD化はされていないようです。

0000000
0000000

05.【Roger McGuinn-Roger McGuinn】(Jun) 1973
04roger_mcguinn_150_s 01.I'm So Restless
02.My New Woman
03.Lost My Drivin' Wheel
04.Draggin'
05.Time Cube
06.Bag Full Of Money
07.Hanoi Hannah
08.Stone
09.Heave Away
10.M' Linda
11.The Water Is Wide
[Bonus tracks on 2004 Sundazed CD reissue]
12.Jamaica, Say You Will
13.John, John

1973年発売のオリジナル・アルバムには収録されておらず、2004年Sundazedから再発された際にボーナス・トラックとして追加されています。
とは言え、レコーディングは他のアルバム収録曲と同時期のようですのでここで紹介させていただきます。

動画は見当たらなかったので、試聴は下記Amazonのページで
https://www.amazon.co.jp/dp/B07DFLQMWP/ref=dm_ws_tlw_trk13

Tower_records_logo_4
Roger McGuinn-Roger McGuinn

Itunes_logo_3

 

06.【Joe Cocker-Jamaica Say You Will】April 1975
Jamaicasayyouwill_150 01.(That's What I Like) In My Woman
02.Where Am I Now
03.I Think It's Going to Rain Today
04.Forgive Me Now
05.Oh Mama
06.Lucinda
07.If I Love You
08.Jamaica, Say You Will
09.It's All Over But the Shoutin'
10.Jack-A-Diamonds

有名なカバーなのですが、残念ながら今やなかなか手に入らないようです。

07.【The Seldom Scene-At the Scene】1983
06atthescene_150_s 01.A Girl I Know
02.Jamaica, Say You Will
03.Open up the Window, Noah
04.Winter Wind
05.Heal It
06.The Weary Pilgrim
07.It Turns Me Inside Out
08.The Champion
09.Born of the Wind
10.Peaceful Dreams
11.Let Our Mother Nature Have Her Way
12.I'll Remember You Love in My Prayers
13.Some Morning Soon

The Seldom Sceneは1971年から活動しているブルーグラス・バンドだそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 2日 (土)

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-Jamaica Say You Will_Part.1 (1971・1972)

【ジャクソン・ブラウン・ソングブック-These Days】では、デジタル配信のみのもの以外は極力CDで集めることにしていましたが、1曲聴きたいがために買い求めたCDが増えに増え困っております。
逆に断捨離せねばならぬ年齢でもありますし、どうしてもCDで欲しい物意外はダウンロードで済ます事に致しました(^_^;)

それと、“These Days”の場合多い時で10曲ほどまとめて投稿したため時間がかかってしまったので今回は少しずつ。
まずは1970年代の3ヴァーションを。

01.【The Byrds-Byrdmaniax】June 23, 1971
Byrdmaniax_150_s 01.Glory, Glory
02.Pale Blue
03.I Trust
04.Tunnel of Love
05.Citizen Kane
06.I Wanna Grow Up to Be a Politician
07.Absolute Happiness
08.Green Apple Quick Step
09.My Destiny
10.Kathleen's Song
11.Jamaica Say You Will

2000 CD reissue bonus tracks
12.Just Like a Woman
13.Pale Blue" [Alternate Version]
14.Think I'm Gonna Feel Better

クラレンス・ホワイトがリード・ヴォーカルを取るとても好きなヴァージョンです。

なお、Byrdmaniax - Wikipediaによると“On bonus track 12 Larry Knechtel plays organ and Jackson Browne plays piano. . . . ”という事なのですが、私の所有する2000年輸入盤・国内盤共にそのような記載が見当たらないようで未確認です。

 

02.【The Nitty Gritty Dirt Band-All the Good Times】January 1972
All_the_good_times_150_s 01.Sixteen Tracks
02.Fish Song
03.Jambalaya (On the Bayou)
04.Down in Texas
05.Creepin' Round Your Back Door
06.Daisy
07.Slim Carter
08.Hoping to Say
09.Baltimore" (Jim Ibbotson) - 3:44
10.Jamaica Say You Will
11.Do You Feel It Too
12.Civil War Trilogy
13.Diggy Liggy Lo

1stアルバム「The Nitty Gritty Dirt Band」“Melissa”“Holding”、2ndアルバム「Ricochet」“Shadow Dream Song”“It's Raining Here in Long Beach”、3rdアルバム「Rare Junk」“These Days”を取り上げていた彼ら、「Uncle Charlie & His Dog Teddy」ではジャクソンの曲はありませんでしたが、続く5枚目のこのアルバムでまた取り上げてくれました。

Tower_records_logo
オール・ザ・グッド・タイムズ<生産限定盤>

Hmv_logo
icon

icon

 
03.【Tom Rush-Merrimack County】April 1972
Merrimack_country_150 01.Kids These Days
02.Mink Julip
03.Mother Earth
04.Jamaica, Say You Will
05.Merrimack County II
06.Gypsy Boy
07.Wind on the Water
08.Roll Away the Grey
09.Seems the Songs
10.Gone Down River
1968年の「The Circle Game」“Shadow Dream Song”を、1970のセルフ・タイトル・アルバム「Tom Rush」“These Days”“Colors of the Sun”をカバー(ジャクソン・ブラウン・ソングブック-These Days_Part.1(1967~1977)参照)した彼が、ここでもジャクソンの曲を取り上げています。

この動画、“Jamaica, Say You Will”だけでなく“Merrimack County II”も含まれていてしかも途中でフェイドアウトされている変な編集、音も悪いです。

Tower_records_logo_3
メリマック・カウンティ<完全生産限定盤>

Hmv_logo_2
icon icon

Itunes_logo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »