« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月 6日 (土)

「コールドケース 迷宮事件簿」中のジャクソン・ブラウンの楽曲

Coldcase_s

「WOWOW開局25周年記念企画として、新たにワーナー・ブラザース・テレビジョン製作の世界的人気ドラマ「コールドケース」の日本版である『連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~』を2016年10月より、WOWOWのオリジナルドラマ枠「連続ドラマW」で放送する」(WOWOW公式サイト)事を記念して、本家アメリカの「コールドケース 迷宮事件簿」シーズン1が7月31日からリバイバル放送されています。
日本でも色々な放送局で繰り返し放送されて来たのでご存じの方も多くいらっしゃるかと思いますが、「コールドケース 迷宮事件簿」は2003年から2010年にかけてアメリカCBSで放送された刑事ドラマで、物語中に扱われる事件当時の音楽が使われています。
コールドケース 迷宮事件簿 Wikipedia

私の知る限りではジャクソン・ブラウンの曲も3つのエピソードで使われているのですが、今回リバイバル放送される「シーズン1」では、「エピソード12“Glued”(接着剤)」“Running On Empty”が使われています。

Cold_case_season_1cdcovers_ccfront_

今回は「シーズン1」のみ毎週日曜夜11時より2話ずつ放送されるのですが、“Running On Empty”が使われている「エピソード12“Glued”(接着剤)」の放送は9/4(日)よる11:00の予定です。
放送スケジュール

このエピソード中で使われている他の曲も知りたい方は下記リンクから。
Cold Case Music - S1E12: "Glued" - TuneFind

ちなみに、「コールドケース」の中で、上記以外でジャクソンの曲が使われているのは、
シーズン3/エピソード8“Honor”(英雄)-“Doctor My Eyes”
シーズン4/エピソード4“BabyBlues”(オルゴール)-“Somebody's Baby”
になります。

現在、Rakuten SHOWTIME では全シーズン有料配信中のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

フェンウェイパークでのジェームス・テイラーとジャクソン・ブラウン

Jt_jb_2

6月30日シカゴ・リグリー・フィールドに続くジャクソン・ブラウンをゲストに迎えてのジェームス・テイラーのコンサート、8月3日ボストン・フェンウェイ・パークでのライヴがYouTubeにアップされ始めました。

この映像、最初は取材を受けている時のものかと思いましたが、左でカメラを構えていたのはジャクソンのパートナーであるダイアナ・コーエンでした。
観客の声援に応えるジャクソン」、満面の笑みですね。

この日のジャクソンのセットリストは
01.Rock Me on the Water
02.Just Say Yeah
03.Fountain of Sorrow
04.The Long Way Around
05.For Everyman
06.Somebody's Baby
07.The Pretender
08.Running on Empty
09.Take It Easy with James Taylor
10.For a Rocker with James Taylor
だったようで、6月30日に演奏された“These Days”が“For Everyman”に差し替わったようですが、他の9曲は前回と全く同じようです。

“Take It Easy”

“For a Rocker”

これらの映像の投稿者は同じ人なんですが、残念ながらジャクソン単独の映像はアップしていない(撮影していない?)ようなので、ジェームス・テイラーの映像を紹介しておきましょう。
ネットで調べたジェームス・テイラーのセットリストとアップされている映像に違いがあるので、映像だけシェアします。

7曲、再生リストにしました。

2016年8月4日20:20

また新しい映像・画像が見つかればアップしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »