« ウォーカー・ブラザーズ~The Walker Brothers Classics-Part2「Portrait」 | トップページ | ジャクソン・ブラウン“The Late Show with Stephen Colbert”でのパフォーマンス »

2016年1月14日 (木)

デヴィッド・マークス(ビーチ・ボーイズ)のアルバムにジョン・ウォーカー(ウォーカー・ブラザーズ)生前最後のパフォーマンスが。

「ビーチ・ボーイズのカール・ウィルソンにギターを教えたのはウォーカー・ブラザーズのジョンだった」という事は、ウォーカー・ブラザーズ・ファンには有名な話で、僕も1967~8年のミュージック・ライフの記事を読んだ事があるのですが、その件についてカール自身やビーチ・ボーイズ関係者が直接触れている事を、目にしたり耳にしたりする事はつい最近までありませんでした。少なくとも私は。
しかし、2014年に日本でも公開されたブライアン・ウィルソンのドキュメンタリー映画「ブライアン・ウィルソン ソングライター~ザ・ビーチ・ボーイズの光と影~」の中で、ビーチ・ボーイズのデヴィッド・マークスによってついに語られたのです。映画を観ていて思いもかけずこれを聞き、ついニヤっとしてしまいました。

Img_4980_s

以下、デヴィッド・マークスの言葉を字幕から。

家の近所にジョン・モスというミュージシャンがいたんだ。
彼は よく地元のライヴにギタリストとして出演しレコードも作っていた。
そして僕とカールにリッチー・ヴァレンスのギタープレーも伝授してくれた。
バラードの作り方を教えてくれたのも彼だ。
その結果 でき上がったのが“サーファー・ガール”や“イン・マイ・ルーム”だ。

ここで「ウォーカー・ブラザーズ」という名前は出て来ませんでしたので、どれだけビーチ・ボーイズ・ファン、ブライアン・ウィルソン・ファンに伝わったかは分かりませんが、これがウォーカー・ブラザーズのジョンである事は明白でした。

 

そして2015年10月にリリースされたデヴィッド・マークスのアルバム“DAVID MARKS and friends LIVE on Sunset 2010”に、ジョン・ウォーカーの歌が収録されている事を12月になってから知り、あわてて購入したのでした。

David_marks150_2

このアルバムは、2010年10月にロサンゼルスの「イースト・ウェスト・スタジオ(旧ウェスタン・スタジオ)」で行われたスタジオ・ライヴで、ジョンは奥さんのシンシアと共に参加し、“Unchain My Heart”でソウルフルなヴォーカルを聴かせてくれています。

封入されているインナースリーブにはライヴ時の写真が。

  H1_150_2John_150_3

H23_150_s

そしてインナーの裏表紙にはジョンに対するデヴィッドの感謝の気持ちが綴られています。

H4_150

これが、2011年5月に亡くなったジョンの最後のレコーデイングのようですので、ビーチ・ボーイズ・ファンだけでなく、ウォーカー・ブラザーズ・ファンにも一聴の価値有りです。

日本ではdisc unionでしか手に入らないようです。 アルバム自体の解説もこちらで。 http://diskunion.net/portal/ct/detail/RY151023-DM-01?utm_source=rmd&utm_medium=ad&utm_campaign=rmd

|

« ウォーカー・ブラザーズ~The Walker Brothers Classics-Part2「Portrait」 | トップページ | ジャクソン・ブラウン“The Late Show with Stephen Colbert”でのパフォーマンス »

ウォーカー・ブラザーズ」カテゴリの記事

ビーチ・ボーイズ/ブライアン・ウイルソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557421/63066915

この記事へのトラックバック一覧です: デヴィッド・マークス(ビーチ・ボーイズ)のアルバムにジョン・ウォーカー(ウォーカー・ブラザーズ)生前最後のパフォーマンスが。:

« ウォーカー・ブラザーズ~The Walker Brothers Classics-Part2「Portrait」 | トップページ | ジャクソン・ブラウン“The Late Show with Stephen Colbert”でのパフォーマンス »