« 2012年4月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年5月

2012年5月20日 (日)

ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)の最新映像とセットリスト

5月16日にアメリカのショップ・チャンネル「QVC」にてビーチ・ボーイズのスタジオ・ライヴが行われ、その映像が公開されている。1時間の番組で、曲ごとにメンバーへのインタビューを挟みながら全10曲を演奏している。
演奏曲目は
00:23 - Do It Again
06:57 - Catch A Wave
12:39 - Surfin' Safari
19:12 - Surfer Girl
25:46 - God Only Knows
32:03 - That's Why God Made The Radio
40:19 - Dance Dance Dance
44:22 - Little Honda
49:44 - California Girls
55:55 - Wouldn't It Be Nice
(数字は各曲の始めの時間)

5月20日現在判明している本ツアーの最新のセットリストは5月15日のものだが、ツアー初日のセットリストとは少し変わったようだ。
Westchester County Center, White Plains, NY, USA on May 15, 2012
<First Set>
01.Do It Again
02.Catch a Wave
03.Hawaii
04.It's OK
05.Surfin' Safari
06.Surfer Girl
07.Please Let Me Wonder
08.You're So Good to Me
09.Then I Kissed Her
10.Dance, Dance, Dance
11.Kiss Me, Baby
12.Why Do Fools Fall in Love
13.When I Grow Up (to Be a Man)
14.Cotton Fields
15.Marcella
16.Be True to Your School
17.Disney Girls
18. Don't Worry Baby
19.Little Honda
20.Little Deuce Coupe
21.409
22.Shut Down
23 I Get Around
<Second Set>
24.Add Some Music to Your Day
25.California Dreamin'
26.Sloop John B
27.Wouldn't It Be Nice
28.I Just Wasn't Made for These Times
29.Forever
30.Sail on, Sailor
31.Heroes and Villains
32.In My Room
33.All This Is That
34.God Only Knows
35.That's Why God Made the Radio
36.Good Vibrations
37. California Girls
38.All Summer Long
39.Help Me, Rhonda
40.Rock and Roll Music
41.Do You Wanna Dance?
42.Surfin' USA
<Encore>
43. Kokomo
44.Barbara Ann
45.Fun, Fun, Fun

初日と違う点は
・Don't Back Down
The Little Girl I Once Knew
Wendy
This Whole World
がなくなり、新たに
Hawaii
It's OK
Kiss Me, Baby
Marcella
Add Some Music to Your Day
I Just Wasn't Made for These Times
Rock and Roll Music
が加わり、42曲から45曲になっている。

まだまだツアーは始まったばかり、この先また変わっていくかも知れない。

「beach_boys_setlist.pdf」をダウンロード

なお、「Single Sizzle Reel」ビデオに日本語字幕がついたものも公開中。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

ウォーカー・ブラザーズ~The Walker Brothers Classics-Part1 「Take It Easy With The Walker Brothers」

ウォーカー・ブラザーズにはカバー曲が多いのですが、そのオリジナルについてはライナー・ノーツにもほとんど書かれていません。書かれているのは誰もが知っている有名曲ばかり。そこですべてを調べてみる事にしました。ここでは、1998年に出されたリイシュー・アルバム(オリジナル・アルバムに、シングル曲やEP盤としてリリースされた曲をボーナス曲として加えたもの)に沿ってカバー曲のオリジナルを探ってみます(あくまでオリジナルを探すのが目的なので、カバー曲以外については触れません)。

Take It Easy With The Walker Brothers
Takeiteasy1

01.Make It Easy On Yourself(Burt Bacharach/Hal David)
01.涙でさようなら
Jerry Butler(ジェリー・バトラー):1962年8月全米20位。R & Bチャート18位。
ジェリー・バトラーはインプレッションズの初代リード・ヴォーカル。少年時代からカーティス・メイフィールドと共に聖歌隊で歌っていましたが、1958年にThe Impressions(インプレッシヨンズ)としてヴィー・ジェイ・レコードよりデビューします。そして“For Your precious Love”が全米11位を記録する大ヒットとなりますが翌1959年にソロとして独立します。ヴィー・ジェイ・レコードのA & Rマンがジェリー・バトラの為にニュー・ヨークの出版社から持ってきたのがこの曲で、そのデモテープを歌っていたのはディオンヌ・ワーウィックだったそうです。その彼女のバージョンは1970年に37位を記録しています。

 

02.There Goes My Baby(Benjamin Nelson/Lover Patterson/George Treadwell/Jerry Leiber/Mike Stoller
02.ゼア・ゴーズ・マイ・ベイビー
The Drifters(ドリフターズ):1959年POPチャート2位、R & Bチャート1位。
作者のBenjamin Nelsonはベン・E・キングの本名、Lover Pattersonはドリフターズのマネージャーです。もちろんリード・ヴォーカルはベン・E・キング

03.First Love Never Dies(Bob Morris/Jimmy Seals)
03.初恋は死なず
Jerry Fuller(ジェリー・フラー):1961年
尚、ジェリー・フラーはソングライター(この曲は彼の作ではない)でもあり、リッキー・ネルソンの“トラベリング・マン”や“ヤング・ワールド”は彼の作品です。


04.Dancing In The Street(Marvin Gaye, William "Micky " Stevenson, Ivy Jo Hunter)
04.ダンシング・イン・ザ・ストリート
Martha & The Vandellas(マーザとバンデラス):1964年2位

05.Lonly Winds(Doc Pomus/Mort Shuman)
05.ロンリー・ウィンズ
The Drifters(ドリフターズ):1960年POPチャート54位、R & Bチャート4位。
“ラストダンスは私に”の作者ドク・ポーマス&モート・シューマンの作品。
これもリード・ヴォーカルはベン・E・キング

06.The Girl I Lost inThe Rain(David Gates)
06.雨に消えた少女
C.J.Russell:1963年
最近まで、デヴィッド・ゲイツの作である事以外分からなかったのですが、ついに最初のレコーディングと思われるものを見つけました。レオン・ラッセルがC.J.Russell名義で1963年にリリースしたという音源です。

07.Land Of 1,000 Dances(Chris Kenner)
07.ダンス天国
クリス・ケナーが自ら作曲し1962年にリリース。
しかし有名な“Na Na Na Na Na~”(ウォーカーズはLa La La La La~)というフレーズはクリス・ケナーのオリジナルには無く、1965年にカバーしたCannibal and the Headhunters(カンニバル&ザ・ヘッドハンターズ)のリード・シンガーが、歌いだしの歌詞を忘れた事により偶然生まれたものだそうです。ウィルソン・ピケットのカバーが一番有名ですが、今回はこのCannibal and the Headhuntersのバージョンをご紹介。ウォーカーズはこれをお手本にしているのかも知れません。

     

08.You're All Around Me(Scott Engel/Lesley Duncan)
08.君はいつも僕の傍らに

09.Love Minus Zero(Bob Dylan)
09.ラブ・マイナス・ゼロ
Bob Dylan(ボブ・ディラン):1965年“Bringing It All Back Home”収録

10.I Don't Want To Hear It Any More(Randy Newman)
10.もう聞きたくない
Jerry Butler(ジェリー・バトラー):1964年95位
P.J .Proby(P.J .プロビー):1965
これもジェリー・バトラーのカバーです。ウォーカーズが“He Wil l Breake Your Heart”を歌っている動画がYouTubeにアップされていますが、これもジェリー・バトラー1960年全米7位のヒット曲です。しかし、ゲイリー・ウォーカーはP.J .プロビーのバックをしていた事もあるらしいので、こちらを参考にしているのかも知れませんね。

11.Here Comes The Night(Doc Pomus/Mort Shuman)
11.夜がやってくる
Ben E King(ベン・E・キング):1961年81位
これもドク・ポーマス&モート・シューマンの作品。ベン・E・キング“Young Boy Blues”(66位)のB面として発表されています。

12.Tell The Truth(Lowman "Pete" Pauling)
12.テル・ザ・トゥルース
The "5" Royales(ファイブ・ロイヤルズ):1958年
作者はグループのギタリストLowman "Pete" Paulingです。

聴いてお分かりの通り、ウォーカーズバージョンはオリジナルとはかなり違います。どうやら、アイク&ティナ・ターナーのバージョンがお手本のようです。

 

【Bonus Tracks】
13.Love Her(Barry Mann/Cynthia Weil)1965 A-Side
15.ラブ・ハー
The Everly Brothers(エヴァリー・ブラザース):1963 B-Side of "The Girl Sang the Blues"

14.The Seventy Dawn (Riz Ortolani) B-Side of "Love Her"
14.七日目の夜明け
The Lettermen(レターメン):1964年米映画「第七の暁」 (主演ウィリアム・ホールデン)主題歌

15.But I Do(Robert Guidry/Paul Gayten)B-Side of "Make It Easy On Yourself"
15.バット・アイ・ドゥー
Clarence "Frogman" Henry(クラレンス・フロッグマン・ヘンリー):1961年4位。原題は(I Don't Know Why) But I Do
映画「フォレスト・ガンプ」(1994)、「恋するための3つのルールMickey Blue Eyes」(1999)の挿入歌としても使われています。

 

16.My Ship Is Coming In(Joey Brooks)1965 A-Side
16.僕の船が入ってくる
Jimmy Radcliffe(ジミー・ラドクリフ):1965年

MP3です

17.Looking For Me(Randy Newman)from 1966 EP:“I Need You”
17.ルッキング・フォー・ミー
Vic Dana(ヴィック・ダナ):1962年
この記事を書き始めた時点ではYouYubeにヴィック・ダナの音源が見つからなかったので、自分でアップしました。

1963年にはjohnny wadeがカバーしています。

ヴィック・ダナの歌はこちらに収録

18.Young Man Cried(Scott Engel/John Franz)from 1966 EP:“I Need You”
18.ヤング・マン・クライド

19.Everything's Gonna Be all Right(Willie Mitchell)from 1966 EP:“I Need You”
19.すべてOK
Willie Mitchell:1965年?

20.I Need You(Gerry Goffin/Carol King)from 1966 EP:“I Need You”
20.アイ・ニード・ユー
The Royal Knights:1966年

次回はセカンド・アルバム「portrait」、音源が揃い次第のアップ。

※2016年1月12日、加筆・修正を行いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年8月 »