« ライブ回顧録~第四回 【1982-1984】 | トップページ | オススメです! Listen To Me:Buddy Holly »

2011年9月 1日 (木)

Jazzaldiaのジャクソン・ブラウン

2011年7月21日から25日まで、スペインのサン・セバスチャンで開催された第46回Jazzaldia Festival。7月24日に出演したジャクソン・ブラウンの映像が届いた。地元の放送局が収録したものだ。

この日のジャクソンはいつものバンドではなく、DawesJonathan Wilsonをバックに演奏をしている。

今年リリースされたDawesのセカンド・アルバムにはジャクソンも参加、プロデュースはJonathan Wilsonだ。Jonathan Wilsonは8月7日のMuseにも参加していた。これらの事を考えると、彼らはジャクソンの一押しアーティストなのだろう。

若いバンドをバックにしたジャクソンの演奏は新鮮で、いつにも増して演奏を楽しんでいる感じがする。曲も“I'm Alive”と“The Barricades Of Heaven”以外は70年代の曲。これも最近にはあまりない事。“Take It Easy”から“Our Lady Of The Well”への流れというのも最近はあまり聴けないんじゃないかな?

放映された曲目は
01.I'm Alive
02.The Barricades Of Heaven
03.Your Bright Baby Blues
04.Foutain Of sorrow
05.Late For The Sky
06.The Pretender
07.Take It easy
08.Our Lady Of The Well
09.Gentle Spirit (Jonathan Wilson)
10.Running On Empty
11.The Load Out
12.Stay
13.Play It All Night Long (Warren Zevon Cover)
14.Lawyers, Guns And Money (Warren Zevon Cover)

観ていて気付いたのだが、ドラムスが半袖を着ている以外はみんな長袖なのだ。ジャクソンに至っては途中まで皮ジャン?MUSEでも着てたなあ。
Vlcsnap2011090121h35m26s215Vlcsnap2011090121h39m46s78

気になって調べてみたら、ジャクソンのステージは24:30スタート(ジャクソンの出演したGreen Stageでのトリ)だった。

|

« ライブ回顧録~第四回 【1982-1984】 | トップページ | オススメです! Listen To Me:Buddy Holly »

ジャクソン・ブラウン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557421/52623841

この記事へのトラックバック一覧です: Jazzaldiaのジャクソン・ブラウン:

« ライブ回顧録~第四回 【1982-1984】 | トップページ | オススメです! Listen To Me:Buddy Holly »