« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月23日 (金)

ライブ回顧録~第五回 【1985-1987】

約一ヶ月ぶりの「ライブ回顧録」更新です。

【1985-1987
 アナログからデジタルへ移行しつつある時代。1984年より「ぴあ」が、「チケットぴあ」というチケットのコンピューターオンライン販売を始めた。私の所有するチケットも、1985年から「チケットぴあ」のコンピューター出力された味気のないものに変わっている。購入方法も店頭購入から電話予約へ、そしてインターネット予約へと変わった。大変ではあったが徹夜でプレイガイドの前に並んだ昔が懐かしい。私のチケットからKYODOの文字が消え、ほとんどがUDOになって行く。
 またこの頃より「国立代々木競技場第一体育館」でコンサートが多く開催されるようになった。別名「代々木オリンピックプール」だ。このライブ回顧録を書くにあたり、チケットやプログラムを見返したのだが、アーティストによってはチケットには「国立代々木競技場(第一)」と印字されているが、プログラムには「代々木オリンピックプール」と記載されていたりする。ここではすべて「国立代々木競技場第一体育館」で統一させていただく。

1985 ブルース・スプリングスティーン
1985 エリック・クラプトン
1986 チェット・ベイカー
1986 ジェフ・ベック
1986 クリストファー・クロス&グレン・フライ
19877 ジャクソン・ブラウン 


☆1985年4月10日(水)

Springsteen19850400_program_s_2 ブルース・スプリングスティーン
ボーン・イン・ザ・U.S.A
.ツアー
国立代々木競技場第一体育館
招聘元:UDO

チケットが残っていないのでいつ行ったのか分からなかったが、4月10日だったと、友人が教えてくれた。

会社帰りに少し遅れて行った時には、すでに会場は総立ち状態で自分の席にたどり着くのもやっと。何しろオープニングが“ボーン・イン・ザ・U.S.A.”ですから。う~ん、最初から聴きたかった! とにかく熱い(スプリングスティーンが)、楽しいコンサートだった。

ここ15年ほどはジャクソン・ブラウン、ブライアン・ウイルソン、ジェフ・ベック等の動きの少ないコンサートしか行っていないので、たまにはこんなコンサートも行ってみたいや。

Setlist(setlist.fmより)
01.Born in the U.S.A.
02.Out In the Street
03.Darlington County
04.Working on the Highway
05.Johnny 99
06.Atlantic City
07.The River
08.Prove It All Night
09.Glory Days
10.The Promised Land
11.My Hometown
12.Badlands
13.Thunder Road
14.Cover Me
15.Dancing in the Dark
16.Hungry Heart
17.Cadillac Ranch
18.Downbound Train
19.I'm On Fire
20.Pink Cadillac
21.Bobby Jean
22.Racing in the Street
23.Born to Run
24.Ramrod
25.Rockin' All Over The World
  (John Fogerty cover)
26.Twist and Shout
  (The Isley Brothers cover)
27.Do You Love Me ?
  (The Contours cover)

東京では4月10日、11日、13日、15日、16日の5日間公演が行われた。日によって演奏曲数と曲順に変わりはあるものの、“Born in the U.S.A.”に始まり、“Twist and Shout”と“Do You Love Me ?”で終わるというパターンに変わりはないようだ。

異なる点はと言うと、2日目まで演奏していた“Rockin' All Over The World”は3日目から姿を消し、4日目、5日目にはプレスリーの“好きにならずにいられない”が加わった。そして5日目のみ“ビコーズ・ザ・ナイト”を演奏しているようだ。



☆1985年10月5日(土)

エリック・クラプトン
国立代々木競技場第一体育館
招聘元:UDO
Clapton19851005_ticket_s Clapton19851005_program_s

Tim Renwick : Guitar
Donald “Duck” Dunn : Bass Guitar
Chris Stainton : Keyboards
Jamie Oldaker : Drums
Shaun Murphy : Background Vocals, Percussion
Laura Creamer : Background Vocals

“Forever Man ”のPVがカッコ良かったから観に行ったようなものかな?やはりカッコ良かったよ。

Setlist(setlist.fmより)
01. Tulsa Time
02. Motherless Children
03. I Shot The Sheriff
04. Same Old Blues
05. Tangled In Love
06. White Room
07. Hold Me Now
08. Wonderful Tonight
09. She's Waiting
10. Lay Down Sally
11. Badge
12. Let It Rain
13. Double Trouble
14. Cocaine
15. Layla
16. Forever Man
17. Further On Up The Road



☆1986年3月17日(月)

チェット・ベイカー・カルテット
東京渋谷:パルコ劇場
招聘元:
Chetbaker19860317_ticket_s Chetbaker19860317_program_s

Chet Baker : Trumpet, Vocal
Michel Grailler : Piano
Ricardo Del Fra : Bass
John Engels : Drums

当時勤めていた会社の、ジャズ・ファンである後輩に薦められて聴いたのがチェット・ベイカーの“チェット・ベイカー・シングス”というアルバムだった。まずアルバム・ジャケットに惹かれた。白のTシャツ姿でマイクに向かう彼の横顔は、ジェームス・ディーンを思わせるカッコよさだ。そして聴いてみていっそうその魅力に取りつかれた。甘くメロウなトランペットと中性的で妖しいボーカルがたまらない。

チェット・ベイカーは1952年、彼が22歳の時にチャーリー・パーカーに認められプロとして活動を開始する。“チェット・ベイカー・シングス”は1954年にレコーディングされ、このアルバムのヒットにより、ジャズ界での地位と人気を不動のものとする。当時の人気投票では、一時マイルス・デイビスを凌ぎトップの座を獲得していたらしい。しかしその後60年代まではドラッグなどが原因で不遇の時を過ごすが、1973年にCTIに吹き込んだ“枯葉”で奇跡的な復活を遂げた。

日本にはこの時初来日、翌1987年にも来日したが、何と1988年に宿泊先のアムステルダムのホテルの窓から転落死してしまう。転落の原因は明らかになっていない。





☆1986年6月10日(火)

ジェフ・ベックグループ
日本武道館
招聘元:UDO
Beck19860610_ticket_s Beck19860610_program_s

Jan Hammer : Keyboards
Simon Phillips : Drums
Jimmy Hall : Vocals
Doug Wimbish : Bass

私が前年にエリック・クラプトン、そしてこの年にジェフ・ベックを観に行ったのは、「The Arms Concert」のビデオを観たのがきっかけだった。自らも多発性硬化症という病に冒されていた元フェイセズのロニー・レーンが呼びかけ、その多発性硬化症の研究機関への支援の為に開催されたコンサートである。エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、スティーブ・ウインウッド等が一堂に会した。

T_front_s_5 このビデオはロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで収録された作品だが、アメリカでこのコンサートを観たという知り合いがいて、会場で購入したTシャツを私に譲ってくれた。私はこのTシャツを着て意気揚々と武道館に出かけたのだが、何と同じTシャツを着ている男性と会場前でバッタリ出くわし、お互いに顔を見合わせて嬉しいどころか、バツの悪い思いをした覚えがある。

Setlist
01.Escape
02.Gets Us All In The End
03.Ecstasy
04.Ambitious
05.Goodbye Pork Pie Hat
06.Stop, Look, And Listen
07.The Pump
08.Star Cycle
09.Cause We've Ended As Lovers
10.Miami Vice New York Theme
11.Led Boots
12.Love Will
13.Miami Vice Theme
14.Blue Wind
15.People Get Ready
16.Freeway Jam
17.Going Down
18.Wild Thing

1.People Get Ready-Music Video
2.People Get Ready-Live



☆1986年8月3日(日)

Crossfrey1986080203_program_s_2 クリストファー・クロス&グレン・フライ
東京 よみうりランド EAST
招聘元:UDO

夏の盛りの野外コンサート、いや~暑かった!“Kirin Sound Together '86”と題されておりキリンビールがスポンサーなので会場でビールが飲めるのだが、炎天下でビールを飲めば余計に汗が出るという悪循環。

クリストファー・クロスに対する熱も少し冷めかけていた時期ではあったが、やっぱり生で聴くと感動するね、良かったよ。コンサートのパンフの中で、グレン・フライが彼について「ギタリストとしても良いギタリストなのに、皆その事に関して認識不足なんじゃないかな」と言っているが、なるほど歌だけでなくギターの腕もなかなかだった。

1.ニューヨーク・シティ・セレナーデ-Arthur's Theme(Best That You Can Do)
2.風立ちぬ-Ride Like The Wind

陽も傾きかけた頃グレン・フライが白いスーツ姿で登場、そして辺りが暗闇に包まれると同時に“You Belong To The City”が始まるという最高のお膳立て。ぐいぐいとグレン・フライの世界に引き込まれて行く。この頃のグレン・フライはカッコ良かったなあ。

最後は二人で“Slow Down”を歌うのだが、これは埋め込み禁止の設定になっているので、こちらからどうぞ。



☆1987年1月15日(木)

ジャクソン・ブラウン-ライブズ・イン・ザ・バランス・ツアー
東京厚生年金会館ホール
招聘元:SMASH
Jackson19870115_ticket_s Jackson_program1987_01_15_s

☆1987年1月19日(月)
ジャクソン・ブラウン-ライブズ・イン・ザ・バランス・ツアー
中野サンプラザホール
招聘元:SMASH
Jackson19870119_ticket_s

Kevin Dukes : Guitar
Bob Glaub : Bass
Doug Haywood : Vocals,Keyboards,Guitar,Saxophone
Scott Thurston : Keyboards,Guitar,Synthesizers,Vocals
Ian Wallacs : Drums

単独公演としては1980年以来となるが、前年1986年12月にジャパン・エイドの為来日(残念ながら観に行っていない)してから、一ヶ月弱での来日である。

バンドも大きく様変わりした。「デヴィッド・リンドレーに代わり、わりと地味なギタリストのケヴィン・デュークスという人が参加・・・・・」と、どなたかのサイトに書かれてあったが、彼はけっこう名の知れたセッション・ミュージシャンらしく、1985年のボズ・スキャッグスの来日公演にも参加、またジャクソンとの来日公演の後1987年7月にはビリー・ジョエルのバンドの一員としてソ連ツアーに参加、このツアーの模様は「コンツェルト-ライヴ・イン・U.S.S.R.-」としてリリースされている。この人、私はけっこう好きで、今のジャクソンのバンドは確かに上手いんだが、まとまり過ぎてあまりスリリングじゃない、というのが私個人の感想です。

1月15日Setlist(Meg3提供)
01.Boulevard
02.Tender Is The Night
03.That Girl Could Sing
04.In The Shape Of A Heart
05.Downtown
06.For Everyman
07.Lawyers In Love
08.Soldier Of Plenty
09.Black And White
10.Late For The Sky
11.Rosie
12.Call It A Loan
13.Till I Go Down
14.Lives In The Balance
15.Lawless Avenues
16.For America
17.The Pretender
18.Running On Empty
-encore-
19.Doctor My Eyes
20.Somebody's Baby
21.The Load Out -Stay
-encore-
22.For A Rocker
23.Crow On The Cradle
※Meg3はこの年、東京公演6日間のうち5日間行ったので、「多少間違いがあるかも・・・」との事です。

《追記》2012年2月10日
中野サンプラザの公演を録音したカセットが見つかりました。残念ながら2本録音したうち、前半の1本はケースのみでカセット不明ですが、曲目だけは分かりましたので追記します。

1月19日Setlist
01.Boulevard
02.Tender Is The Night
03.That Girl Could Sing
04.In The Shape Of A Heart
05.Candy
06.Downtown
07.For Everyman
08.Lawyers In Love
09.Soldier Of Plenty
10.Black And White
11.Late For The Sky
12.For A Dancer
13.Rosie
14.Call It A Loan
15.Till I Go Down
16.Lives In The Balance
17.Lawless Avenues
18.For America
19.The Pretender
20.Running On Empty
-encore-
21.Doctor My Eyes
22.Somebody's Baby
23.The Load Out -Stay
-encore-
24.For A Rocker

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

ビーチ・ボーイズ「スマイル」11月発売!

ビーチ・ボーイズ「スマイル」がアル・ジャーディン、マイク・ラブ、ブライアン・ウィルソン監修の元、ついに発売されるとの事。

下記ページにプレス・リリースの翻訳が載っています。
EMIミュージック・ジャパン

Brian Wilson-The Official Website

参考までに
2CD Set Tracklisting
CD 1
SMiLE

1. Our Prayer
2. Gee
3. Heroes And Villains
4. Do You Like Worms (Roll Plymouth Rock)
5. I'm In Great Shape
6. Barnyard
7. My Only Sunshine (The Old Master Painter / You Are My Sunshine)
8. Cabin Essence
9. Wonderful
10. Look (Song For Children)
11. Child Is Father Of The Man
12. Surf's Up
13. I Wanna Be Around / Workshop
14. Vega-Tables
15. Holidays
16. Wind Chimes
17. The Elements: Fire (Mrs. O'Leary's Cow)
18. Love To Say Dada
19. Good Vibrations

Bonus Tracks CD 1:
20. You're Welcome
21. Heroes And Villains (Stereo Mix)
22. Heroes And Villains Sections (Stereo Mix)
23. Vega-Tables Demo
24. He Gives Speeches
25. Smile Backing Vocals Montage
26. Surf's Up 1967 (Solo version)
27. Psycodelic Sounds: Brian Falls Into A Piano


CD2
1. Our Prayer "Dialog" (9/19/66) 3:02
2. Heroes and Villains (Part 1) 3:08
3. Heroes and Villains (Part 2) 4:18
4. Heroes and Villains: Children Were Raised (1/27/67) 2:07
5. Heroes and Villains: Prelude to Fade (2/15/67) 3:42
6. My Only Sunshine (11/14/66) 6:52
7. Cabin Essence (10/3/66) 5:19
8. Surf's Up: 1st Movement (11/4/66) 4:55
9. Surf's Up Piano Demo (12/15/66) 3:53
10. Vegetables Fade (4/12/67) 5:25
11. The Elements: Fire session (11/28/66) 8:27
12. Cool Cool Water version 2 (10/26-10/29/67) 3:32
13. Good Vibrations Session Highlights 8:20

【追記】2011年9月28日
9月29日発売のムック「DISCOVERY」にて、『スマイル』の特集が組まれています。2011年に入ってから行われたブライアン・ウィルソン、マイク・ラブ、アル・ジャーディンの最新インタビュー等興味深い内容です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

オススメです! Listen To Me:Buddy Holly

Bhcover_5

以前に書いた通り、エグゼクティブ・プロデューサーをピーター・アッシャー(コーラスにも参加)が務めている関係で、ほとんどの作品にワディー・ワクテルが参加している。

01.Not Fade Away/Stevie Nicks
 この作品には、ワディー・ワクテルの他、ラッセル・カンケル(ドラムス)、リーランド・スクラー(ベース)が参加。ワディー・ワクテルはここ数年スティーヴィー・ニックスと行動を共にしているが、コーラスにもロリ・ニックスシャロン・セラニが参加している。
 ピーター・アッシャーは、「私は最初違う曲を薦めたのだが、スティーヴィーは“Not Fade Away”を選んだ。それは正しかった。」というようなコメントを述べている。ピーターの言う通り、素晴らしい出来だ。スティーヴィー・ニックスはもちろんの事、コーラス、ワディー・ワクテルのギター、言う事無し!

02.Maybe Baby/Pat Monahan of Train
 これもNadine Lorenのコーラスがいい味を出しており、軽快で楽しい曲に仕上がっている。

03.Listen To Me/Brian Wilson
 この曲はブライアン自身がプロデュースし、バックにも彼のバンド・メンバーが多く参加している。その為、これはまさにブライアンの音そのもの。バディー・ホリーのオリジナルを知らなければ、ブライアンの作品と言われても信じてしまうかも。

04.I'm Lookin' For Someone To Love/Imelda May
 プロデュースはピーター・アッシャーだが、バックを彼女のバンド・メンバーが固めている。これまた彼女にピッタリの曲だ。

05.True Love Ways/Jackson Browne
 2010年に発売した自身のアルバムで、“Love Is Strange”を披露したジャクソンは、今回美しいラブ・バラードをカバーした。
 この曲はバディ・ホリーが妻マリア・エレナへの愛を歌った名曲で、1958年にレコーディングされた。しかし、翌年1959年2月飛行機事故の為、リッチー・ヴァレンスビッグ・ボッパーと共に帰らぬ人となった。この曲がリリースされたのは事故の翌年1960年だった。
 ジャクソンはいつものバンド・メンバーではなく、ワディー・ワクテル、ラッセル・カンケル、リーランド・スクラー、そしてストリングスをバックに歌っている。バック・コーラスはピーター・アッシャーだ。
 ちなみにピーター・アッシャーはピーター&ゴードン時代にこの曲をカバーしている。そして2011年4月のイベントにおいてマリア・エレナの前で、モニター上のゴードン・ウォーラー(2009年死去)とこの曲をデュエットした。

06.Pegy Sue/Cobra Starship
 ヴィクトリア・アッシャーのソロもあり、ピーターもアコースティック・ギターとウクレレで参加(他の楽器の音にかき消されてほとんど聴き取れないが)し、親子共演を果たしている。これ、けっこう好きかも。

07.Take Your Time/The fray
 オリジナルとは違い、スロー・テンポでストリングスをバックに、けれども力強く歌いあげている。

08.Think It Over/Ringo Star
 リンゴ自身のプロデュース。これまた、リンゴにうってつけの選曲。楽しいバージョンに仕上がっている。

09.Crying Waiting Hoping/Chris Isaak
 オリジナルはギターのカッティングとドラムが印象的な軽快な曲だが、ここではカントリー調のスロー・バラードにアレンジされている。

10.That'll Be The Day/Linda Ronstadt
 以前に書いたように、これのみ新録ではなく1976年録音のものだ。しかし、このアルバムへの収録に際しリミックスが施されたようで、一つ一つの音がクリアになり、音の広がりもある。その為、他の曲と並んでも古さは全く感じさせない。やはりリンダは最高だ。でも、ケニー・エドワーズもアンドリュー・ゴールドも、もう居ないんだね。

11.Words Of Love/Jeff Lynne
 ジェフ・リン自身のプロデュース、と言うかドラム、ベース、ギター、ハーモニー、すべてジェフだ。このアルバムの中で、一番オリジナルに忠実なカバーかも知れない。

12.Well All Right/Lyle Lovett
 ライル・ラヴェットは日本ではあまり知られていないが、アメリカのカントリー系のシンガー・ソングライターだ。映画ファンにはジュリア・ロバーツの最初の夫(2年で離婚したが)として知られているかも。
 ジャクソン・ブラウンとは関係が深く、アルバム「The Road To Ensenada」にはジャクソンが参加、また映画「Walk Hard:The Dewey Cox Story(ウォーク・ハード ロックへの階段)」では、ジャクソン、ジュエルと共にステージで“Walk Hard”を歌うシーンがある。ここでのバックはワディー・ワクテル、ラッセル・カンケル、リーランド・スクラーだ。

13.Learning The Game/Natalie Merchant
 これまたオリジナルとは違い、ピアノとヴァイオリンのみのバックでしっとりと歌い上げている。

14.Everyday/Patrick Stump
 オリジナルはシンプルな演奏だった。ここではマリンバのイントロからパトリック・スタンプのボーカルへと移り、そこにヴィクトリア・アッシャーのコーラスがからんでくる。そしてストリングスも加わり盛り上がっていく。

15.It's So Easy/Zooey Deschanel
 リンダ・ロンシュタットのパワフルなバージョンとは対照的な、ピーターの望んだ「もう少しアコースティックな」バージョンになっている。
 ズーイ・デシャネルは、先に発売された「Rave On Buddy Holly」でもShe & Himとして“Oh Boy !”をカバーしている。

16.Raining In My Heart/Eric Idle
 エリック・アイドルはモンティ・パイソンのメンバー、ここでは歌ではなく朗読という変わったアプローチをしている。

個々のアーティストが、自分の好きな曲を好きなように歌うトリビュート・アルバムが多い中、各アーティストの個性を生かしながら且つアルバムとしての統一性もあり、最初から最後まで飽きる事なく聴けた。そして何よりピ-ター・アッシャーのバディ・ホリーへの愛を感じられる好アルバムだ。

これは是非国内盤を出して欲しい。なぜなら、曲ごとにピーター・アッシャーが人選・選曲のいきさつ等を書いているからだ。


バディ・ホリーが亡くなった日の事は、いつしか「(The Day the Music Died」(音楽が死んだ日と呼ばれるようになった。
しかしジャクソン・ブラウンはこう言っている。
「That's not the day the music died. It's the day the music became immortal.」


≪追記≫2011年12月10日
国内盤12月14日発売予定!
輸入盤16曲+2曲のボーナス・トラック付き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

Jazzaldiaのジャクソン・ブラウン

2011年7月21日から25日まで、スペインのサン・セバスチャンで開催された第46回Jazzaldia Festival。7月24日に出演したジャクソン・ブラウンの映像が届いた。地元の放送局が収録したものだ。

この日のジャクソンはいつものバンドではなく、DawesJonathan Wilsonをバックに演奏をしている。

今年リリースされたDawesのセカンド・アルバムにはジャクソンも参加、プロデュースはJonathan Wilsonだ。Jonathan Wilsonは8月7日のMuseにも参加していた。これらの事を考えると、彼らはジャクソンの一押しアーティストなのだろう。

若いバンドをバックにしたジャクソンの演奏は新鮮で、いつにも増して演奏を楽しんでいる感じがする。曲も“I'm Alive”と“The Barricades Of Heaven”以外は70年代の曲。これも最近にはあまりない事。“Take It Easy”から“Our Lady Of The Well”への流れというのも最近はあまり聴けないんじゃないかな?

放映された曲目は
01.I'm Alive
02.The Barricades Of Heaven
03.Your Bright Baby Blues
04.Foutain Of sorrow
05.Late For The Sky
06.The Pretender
07.Take It easy
08.Our Lady Of The Well
09.Gentle Spirit (Jonathan Wilson)
10.Running On Empty
11.The Load Out
12.Stay
13.Play It All Night Long (Warren Zevon Cover)
14.Lawyers, Guns And Money (Warren Zevon Cover)

観ていて気付いたのだが、ドラムスが半袖を着ている以外はみんな長袖なのだ。ジャクソンに至っては途中まで皮ジャン?MUSEでも着てたなあ。
Vlcsnap2011090121h35m26s215Vlcsnap2011090121h39m46s78

気になって調べてみたら、ジャクソンのステージは24:30スタート(ジャクソンの出演したGreen Stageでのトリ)だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »