2018年4月20日 (金)

Mai Agan(マイ・エイガン)とGreg Leisz(グレッグ・リース)が結婚!

女性ベーシストMai Agan(マイ・エイガン)が、ジャクソン・ブラウンのバンドのギター、スティール・ギター奏者Greg Leisz(グレッグ・リース)と結婚したことを自信のインスタグラムとフェイスブックで発表しました。。

Maiはジャクソンとグレッグ・リースのアコースティック・ライヴにベーシストとして参加していますし、ジャクソンの日本公演やハワイ公演にも帯同(ライヴには出ていません)していました。

ハワイではマイとグレッグのツーショット写真がアップされていて「おやっ?」と思っていましたが、なるほどそういう事だったのですね。

今回インスタにアップされた写真がこれ
Mai_married

以下、以前にアップされた写真

Mai_gregg_410

Mai_gregg_48
ジャクソン、グレッグ、マイでのアコースティック・ライヴも日本で観てみたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

“Playing For Change”、ジャクソン・ブラウンも参加したMV公開

84582

「同じ曲を世界中のアーティストが歌い繋ぎ、そのサウンドと映像を届けることで、国境、人種、文化や宗教を超えた「世界のつながり」を表現し、さまざまなチャリティー活動を展開する」という “Playing For Change”プロジェクト、以前にはドゥービー・ブラザーズの“Listen To The Music”のMVが公開されていましたが、今度はジャクソン・ブラウンも参加する、オージェイズの“Love Train”が公開されました。

この曲や以前公開された“Listen To The Music”を含む全12曲が収められたアルバムは海外で4月20日発売予定だそうです。

Tower_records_logo
Listen to the Music

Hmv_logo
icon icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

ダニー・コーチマーの新作にジャクソン・ブラウンも参加?

以前より、ダニー・コーチマーの新作が日本のVIVID SOUNDよりリリースされる予定であることはダニー本人のフェイスブックなどに投稿されていましたが、2018年5月16日に発売される予定であることが明らかになりました。

51ibjqpbnpl

彼が他のアーティストに提供した楽曲のセルフカバーに加え新曲も含まれるとの事で、曲目も発表されています。
01. ALL SHE WANTS TO DO IS Dance                     
02. DIRTY LAUNDRY                     
03. CAN’T DO CRAZY (Guest: Jackson Browne)                     
04. MACHINE GUN KELLY (Guest: James Taylor)                     
05. SOMEBODY’S BABY                     
06. NOT DRINKING ENOUGH                     
07. SHAKY TOWN                     
08. CRUEL TWIST                     
09. NEW YORK MINUTE                     
10. TOP OF THE ROCK (Guest: David Crosby)                     
11. SAYONARA (Guest: Michael McDonald)                     
12. HONEY DON’T LEAVE LA 

ゲストはジャクソン・ブラウン、ジェイムス・テイラー、デヴィッド・クロスビー、マイケル・マクドナルド

詳しい事はVIVID SOUNDのページで
http://www.vividsound.co.jp/item_show.php?lid=4540399039565


これに伴い、昨年に引き続きダニー・コーチマーの来日が決定しました。
来日メンバーは
ダニー・コーチマー/Danny  Kortchmar(Guitar, Vocals)
ラス・カンケル/Russ Kunkel(Drums)
リーランド・スカラー/Leland Sklar(Bass)
ワディー・ワクテル/Waddy Wachtel(Guitar, Vocals)
スティーブ・ポステル/Steve Postell(Guitar, Keyboards, Vocals)

こちらも楽しみです。

Billboard Live
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=10977&shop=1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-These Days_Part.6 (2013~2017)

Part.6は、2013年~2017年(2017年にはカバーが見当たらないので正確には2016まで)の7曲です。

42.【Johan Asherton-High Lonesomes】June 7, 2013
Highlonesome_150 01. Theme for an Imaginary Western
02. Troubadour Song
03. Lady Came from Baltimore
04. Fair and Tender Ladies
05. If I Needed You
06. Abandoned Love
07. A Song for You
08. Blues Run the Game
09. These Days
10. Gypsy Rider
11. My Rifle, My Poney and Me

ジョアン・アシャートンは「フランス孤高のシンガー・ソングライター」なんだそうな。これまた全然知りませんでした。 YouTubeで色々聴いてみましたが、英語で歌ってるんですね。 ささやくような声、声質は違うけれどデヴィッド・ボウイのような歌い方に聴こえろ曲もあるし、髪は長いけれどブライアン・フェリーに似ているように見える写真もあるし。 何か不思議な感じのシンガーです。 曲目から察するに、このアルバムはカバー集のようです。

CDは見当たりませんでした。

Itunes_logo

Tower_records_logo
Looking Into You: A Tribute To Jackson Browne

Hmv_logo
icon icon

Itunes_logo

 

45.【Matt Pond (feat. Laura Stevenson & Chris Hansen)-I Saved Latin! - A Tribute to Wes Anderson】May 13, 2014
Isavedlatin_150 2枚組23曲入りなので曲目は省略させていただきます。
タイトルに“A Tribute to Wes Anderson”とありますが、このアルバム以外にも“VSQ Performs Music from the Films of Wes Anderson ”というアルバムがあるのを見つけました。 ここで疑問に思ったのは「ウェス・アンダーソン」とは誰なのか?という事。そこで調べてみたところ彼は映画監督で、彼の監督した「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」という作品にニコのThese Daysが使われているようでした。これまた不覚にも知りませんでした(^_^;)

マット・ポンドはアメリカのシンガー・ソングライターでMATT POND PA( マット・ポンド・PA)というバンドを率いて活動しているようです。「ようです」ってつまりはこれも知らなかったって事ですが・・・。

試聴はこちらで
https://americanlaundromatrecords.bandcamp.com/album/i-saved-latin-a-tribute-to-wes-anderson

Tower_records_logo
I Saved Latin! - A Tribute to Wes Anderson

Itunes_logo

 

46.【Luke Brindley-A Few Favorites】January 15, 2015
Lukebrindley_150_02 01. Father And Daughter (Paul Simon cover)
02. Rain (Patty Griffin cover)
03. From The Morning (Nick Drake cover)
04. I Won't Back Down (Tom Petty And The Heartbreakers cover)
05. Jeane (The Smiths cover)
06. Jersey Girl (Tom Waits cover)
07. All The Diamonds (Bruce Cockburn cover)
08. These Days (Jackson Browne cover)

ニュージャージー出身のシンガー・ソングライターのようですが詳細不明です。

試聴はこちらから(ダウンロード購入も出来ます)。
https://lukebrindley.bandcamp.com/album/a-few-favorites

Itunes_logo_2

47.【Drake-Views From The 6: The Prequel】April 16, 2016
47.【Drake-Views From The 6: The Prequel】April 16, 2016
Drake_150_02_2 01. Summer Sixteen
02. Sweeterman (Remix)
03. These Days
04. Pop Style-Drake feat.Kanye West & Jay Z
05. Tell Me-Drake feat.PARTYNEXTDOOR
06. Faithful-Drake feat.Pimp C
07. Controlla-Drake feat.Popcaan
08. One Dance-Drake feat.Wizkid & Kyla
09. Empire-Drake feat.Ross
10. My Love (Remix)-Drake feat.Jordan
11. Things I Forgot To Do-Drake feat.Babeo Baggins
12. Come And See Me-Drake feat.PARTYNEXTDOOR
13. Work Ft.Rihanna
14. Tell Your Friends (Remix-Drake feat.The Weeknd & Kanye West
15. Hotline Bling
16. Wu-Tang Forever (Remix)-Drake feat.ASAP Rocky

Wikipediaによると、ドレイクはカナダ出身のラッパー、俳優で、「もともとはカナダの学園ドラマ『Degrassi: The Next Generation』に第1シーズンから第7シーズンまでレギュラー出演したことで知名度を獲得した。現在は、人気ラッパーとして活躍している。」との事です。




48.Erin Bode-Here And Now】July 22, 2016
Herenow_150_02_2 01. These Days(Jackson Browne)
02. But For Now(Bob Dorough)
03. I Hear Music(Frank Loesser / Burton Lane)
04. How the Heart Approaches What It Yearns(Paul Simon)
05. Everything Happens to Me(Tom Adair / Matt Dennis)
06. On Saturday Afternoons in 1963(Rickie Lee Jones)
07. Orange Crate Art(Van Dyke Parks)
08. Reaching for the Moon(Irving Berlin)
09. Whatever’s Written in Your Heart (Gerry Rafferty)
10. How Deep is the Ocean(Irving Berlin)
11. Someone to Watch Over Me(Ira Gershwin / George Gershwin)
12. Some Other Time(Betty Comden, Adolph Green / Leonard Bernstein)

このアルバムについては、国内盤発売(2017年8月9日)直後にこのブログで書きました。

「エリン・ボーディー(Erin Bode)がジャクソンの“These Days”をカバー」

そしてその後公開された映像については
「エリン・ボーディー(Erin Bode)、These Daysのパフォーマンス映像を公開」

国内盤販売元のHP
CORE PORT(コアポート)

Tower_records_logo
ヒア・アンド・ナウ / Erin Bode

Hmv_logo
icon icon

Itunes_logo

49.【Natalie Lurie & Charlie Whitten】June 21, 2016
49.【Natalie Lurie & Charlie Whitten】June 21, 2016
これは、このブログ記事を書いている時に偶然みつけたもの。
未知のアーティストなので調べてみましたが、二人それぞれのホームページにもこの曲の事については一切書かれていません。
別々にホームページを持っていますしYouTubeにもそれぞれ個人の動画はありますが二人一緒の動画はこれだけのようですので,、一時的なコラボのようです。
(日付は動画の公開日です。)



番外編

【Vitamin String Quartet-VSQ Performs Music from the Films of Wes Anderson
】May 15, 2012
Vsq_wesanderson_150_02_5 01. Making Time (String Quartet Tribute to The Creation)
02. Here Comes My Baby (String Quartet Tribute to Cat Stevens)
03. Ooh La La (String Quartet Tribute to The Faces)
04. Heroes and Villains (String Quartet Tribute to The Beach Boys)
05. Alone Again Or (String Quartet Tribute to Love)
06. Me and Julio Down by the Schoolyard (String Quartet Tribute to Paul Simon)
07. Where Do You Go To (My Lovely) (String Quartet Tribute to Peter Sarstedt)
08. These Days (String Quartet Tribute to Nico)
09. Life on Mars? (String Quartet Tribute to David Bowie)
10. Staralfur (String Quartet Tribute to Sigur Ros)
11. Needle in the Hay (String Quartet Tribute to Elliott Smith)

インストゥルメンタルです。 Wikipediaによりますと、Vitamin String Quartetはロサンゼルスを拠点に活動する弦楽四重奏団で、ロックやポップスのトリビュート・アルバムを数多く出しているようです。

「45.【Matt Pond (feat. Laura Stevenson & Chris Hansen)-I Saved Latin! - A Tribute to Wes Anderson】」の項でも書きましたが、ここでも“Wes Anderson”の名前が出て来ます。前項同様に、“These Days”は彼の監督した「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」からという事になるんでしょう。「06. Me and Julio Down by the Schoolyard(僕とフリオと校庭で)」もそのようですが、他の曲については何の映画・ドラマに使用されているのかは分かりません。

Itunes_logo

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-These Days_Part.5 (2009~2012)

Part.5は、2009年~2012年の8曲です。

34.【Gemma Hayes】
当初5曲入りEPとしてリリースされています。
【Oliver EP】March 13, 2009
Oliver_ep_150 01. Olive
02. Ghost
03. These Days
04. Half Light
05. Novembe
06.
07.
08.
09.
10.

その後、2011年のアルバム「Let It Break」が2012年に再リリースされた際、上記EPもボーナス・トラックとして収録されました。
【Let It Break: Special Edition】2002
Let_it_break_150_02 [Disc 1]
01. Don't Let Them Cut Your Hair
02. There's Only Love
03. Sorrow Be Gone
04. Keep Running
05. Ruin
06. Shock To My System
07. Brittle Winter
08. That Sky Again
09. All I Need
10. To Be Beside You
11. Waiting For You
12. Fire
13. Noise
[Disc 2]
01. Oliver
02. Ghost
03. These Days
04. Half Light
05. November

試聴はこちらで
http://se.napster.com/artist/gemma-hayes/album/oliver

TOWER RECORD : なし

Hmv_logo
icon icon

Itunes_logo

 

AAAAAAAA

35.【Fightstar-Never Change:Single】July 20, 2009
Fightstar_150 [CD]
01. Never Change(Radio Edit)
02. A Short History of the World

[Digital Download]
01. Never Change(Radio Edit)
02. Never ChangeAcoustic)
03. Never Change(Album Demo)
04. A Short History of The World
05. These Days
AAAAAAAAAAAAAAAA

ファイト・スターは2003年に結成されたイギリス・ロンドン出身のバンドだそうです。
“Never Changes”はアルバム「Be Human」からのシングルカットで“These Days”はCDには収録されておらずDL販売のみとの事。

Itunes_logo

AAAAAAAAAAAAAAAAA

36.【Jen Stills-These Days:Single】2009
Jen_stills_150 These Days
AAAAAAAA

 

AAAAAAAA

 

AAAAAAAA

 

ジェン(ジェニファー)・スティルスはスティーブン・スティルスの娘だそうです。知りませんでした(^_^;)
これもデジタル配信のみのようです。

Crosby, Stills & Nash1994年のアルバム「After The Storm」のタイトル曲(作、歌はグレアム・ナッシュ)にバック・コーラスで参加しているのようなのでその曲も。

Itunes_logo_2

37.【Monica Mancini-I've Loved These Days】June 15, 2010
Monicamancini_150_s_3 01. These Days(Nico, Jackson Browne cover)- (featuring Jackson Browne)
02. God Only Knows(The Beach Boys cover) - (featuring Take 6/Brian Wilson)
03. American Tune(Paul Simon cover)
04. Blame it on the Sun(Stevie Wonder cover) - (featuring Stevie Wonder)
05. Without Him(Harry Nilsson cover)
06. How Can I Be Sure(The Young Rascals cover) - (featuring Felix Cavaliere)
07. I'll Follow the Sun(The Beatles cover)
08. Ballad of the Sad Young Men - (featuring Jim Cox)
09. Sometimes So Right(Paul Simon cover)
10. I've Loved These Days(Billy Joel cover) - (featuring Jim Cox)
11. Joy(Janis Ian cover)

マンシーニと言えばあの方ですね、そう彼女は映画音楽界の巨匠ヘンリー・マンシーニの娘です。
ジャクソンはギターとコーラスで参加しています。

Tower_records_logo
Monica Mancini-I've Loved These Days

Hmv_logo
icon icon

Itunes_logo

 

38.【Tomas Nicholas-Lagunitas to Cazadero】Octorber 10, 2010
Tomasnicholas_150_s 01. Falling In Love At A Coffee Shop
02. End Of The Line
03. Rock Around The Clock
04. Stuck In The Middle (With You)
05. Big Yellow Taxi
06. Love Will Keep Us Alive
07. Every Little Thing She Does Is Magic
08. These Days
09. Yesterday
10. Tiny Dancer
11. Danny's Song
12. American Saturday Night
13. Johhny B. Goode
14. Every Drop Of Water Shapes The Stone
15. Every Time You Go Away

さてこの方はどういう方なんでしょうか?全く情報がつかめませんが、曲目からすると、カバー集のようではあります。
そしてデジタル配信のみのリリースのようです。
動画も見当たらなかったので、視聴はAmazonのページでどうぞ。

Itunes_logo_2

41.【Lucy Rose-Like I Used To (Japan Version)】September 24, 2012
Like_i_used_to_150_s_2 01. Red Face
02. Middle Of The Bed
03. Lines
04. Shiver
05. Night Bus
06. Watch Over
07. Bikes
08. Place
09. Don't You Worry
10. First
11. Be Alright
12. All I've Got
13. Scar
14. Little Brave
15. Gamble
Bonus Tracks For Japan
16. The Fire
17. These Days
18. Bikes (Live At Heaven)

ルーシー・ローズはUKイギリス、ウォリックシャー出身の女性シンガーソングライターで日本には2回来日しているんだとか。
しかもその2回目が今年2017年の9月だったとは!
いつも気づくの遅いんです(^_^;)

Tower_records_logo
Lucy Rose / ライク・アイ・ユースド・トゥ

Hmv_logo
icon icon

Itunes_logo

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-These Days_Part.4 (2008)

今回は2008年の5ヴァージョンです。

29.【Tyler Ramsey-A Long Dream About Swimming Across the Sea】January 15, 2008
Tylerramsey_150_02_2 01. A Lond Dream
02. Ships
03. Night Time
04. Once In Your Life
05. Chinese New Year
06. No One Goes Out
07. Birdwings
08. These Days
09. When I Wake
10. Iris 11. Worried
11. Please Stop Time

タワーレコードによると
「バンド・オブ・ホーセズ孤高のギタリスト、タイラーのソロ・デビュー作!バンドは、これまでに3枚のアルバムをリリースしており、2010年リリースの『インフィニット・アームズ』は全米7位(Rock部門2位)を記録し大ブレイク。日本へも、2008年のサマーソニックに続き、2010年サマーソニック出演で2度の来日を果たし、好評を博した。本作は、ラムゼイの地元アシュビルのレーベル<Echo Mountain Records>から2008年にリリースされたもの」
だそうです。不勉強で全然知りませんでした(^_^;)

下記サイトで試聴出来ます。
http://www.allmusic.com/album/a-long-dream-about-swimming-across-the-sea-mw0000585598

 

Tower_records_logo
Tyler Ramsey-A Long Dream About Swimming Across the Sea

Hmv_logo
icon icon

Itunes_logo

 

30.【Great Caesar's Ghost-Means to an End】May 16, 2008
Great_caesars_ghost_150 01. Let It Go
02. Coming Home
03. Me and Bird
04. These Blues
05. Definitely Maybe
06. These Days
07. Seeds and Stems
08. Bertha
09. Mean Town Blues
10. Les Brers in a Minor

不勉強でこのバンドについては全く知りませんでした。
試聴は下記Amazonデジタルミュージックのページで。

 

TOWER RECORD : なし

Hmv_logo_2
Great Caesar's Ghost-Means to an End icon

Itunes_logo_2

31.【Glen Campbell-Meet Glen Campbell】August 19, 2008
Glencampbell_s 01. Sing
02. Walls
03 Angel Dream
04. Times Like These
05. These Days
06. Sadly Beautiful
07. All I Want Is You
08. Jesus
09. Good Riddance (Time of Your Life)
10. Grow Old with Me

若い人にも年齢を重ねた人にもそれぞれのThese Daysがあるわけですが、グレン・キャンベルの人生と重ね合わせた時、このヴァージョンは胸を熱くさせます。

Tower_records_logo_2
Glen Campbell-Meet Glen Campbell

Hmv_logo_3
icon icon

Itunes_logo_3

32.【Delays-Lost Tunes】7 December, 2008
Losttunes_150 01. These Days (Nico, Jackson Browne cover)
02. Bad Moon Rising (CCR cover)
03. Christine (The House Of Love cover)
04. Tonite (The Go-Go's cover)
05. Keep It Simple (Original Acoustic Demo)
07.
08.
09.
10.

当初デジタル配信のみでリリースしたものを10インチでアナログ化したものだそうです。

2008年10月、BBCの“South Today”という番組に出演した時の映像、わずか30秒ほどですが雰囲気だけでも。

These Daysのカバーは圧倒的にソロ・シンガーが多く、バンドはあってもこのようなハーモニーを聴かせてくれるのはこのDelaysだけだと思います。
自分としてはかなりお気に入りのカバーです。
だが手に入らない(^_^;)

33.【Redbear.-Redbear Performs as The Velvet Underground】2008
Redbear_150 01. After Hours
02. Beginning to See the Light
03. Candy Says
04. Femme Fatale
05. Pale Blue Eyes
06. These Days
07. Who Loves the Sun

AAAAA
AAAAA
AAAAAAAAAA
詳細不明です。

次回Part.5は2009年~2012年の8曲の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

Laid Back Festivalでジャクソンとブルース・スプリングスティーンが共演

Static1squarespacecom
今年のLaid Back Festival、9月21日に始まり5回にわたって開催されるのですが、初日9月21日のジャクソン・ブラウンのオーディエンス・ショットによる映像が公開されています。

今日9月23日はブルース・スプリングスティーンの誕生日ですのでここでは彼との共演を。

このフェスにボス単独の参加はありませんが、この日はジャクソンとの他に Little Steven And The Disciples Of Soulとも2曲共演しているようです。

そして曲順は前後しますが、そのLittle Stevenはジャクソンと“I am a Patriot”で共演です。

ジャクソンは今日23日と24日にも出演しますが、ここでも何かあるんでしょうか?

ジャクソン9月21日のセットリストはこちら
01.You Love the Thunder
02.Somebody's Baby
03.Fountain of Sorrow
04.The Long Way Around
05.I'm Alive
06.For Everyman
07.Melissa
08.Looking East
09.Doctor My Eyes
10.These Days
11.Redneck Friend
12.The Pretender
13.Running on Empty
14.I Am a Patriot(with Little Steven)
15.Take It Easy(with Bruce Springsteen)
16.Our Lady of the Well(with Bruce Springsteen)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャクソン・ブラウン・ソングブック-These Days_Part.3 (2004~2007)

みなさん意外だと思われるかもし知れませんが、 These Daysのカバーは2000年代が圧倒的に多いんです。
前回Part.2で紹介した3曲を含めて、私が把握しているだけでも
2000年代には実に28曲ものヴァージョンが存在します。
しかもマイナーなアーティストが多い上にデジタル配信のみの曲もあります。

Part.1、Part2は10曲程度ずつ紹介して来ましたがこのペースで行くといつまでかかるか分からないので予定変更で少しずつ。
今回は2004~2007年の7曲(22~28)です。

22.【Griffin House-Everwood (Soundtrack from the TV Show)】2004
Everwood_150_s 01. Lonely People/Jars of Clay (America Cover)
02. Trouble/Kristin Hersh (Cat Stevens Cover)
03. These Days/Griffin House (Nico, Jackson Browne Cover)
04. The Only Living Boy in New York/David Mead (Simon and Garfunkel Cover)
05. Summer Breeze/Jason Mraz (Seals and Crofts Cover)
06. Father and Son/Leigh Nash (Cat Stevens Cover)
07. The Harder They Come/Guster (Jimmy Cliff Cover)
08. Don't Be Shy/Travis (Cat Stevens Cover)
09. Operator (That's Not the Way It Feels)/Toby Lightman (Jim Croce Cover)
10. The First Time Ever I Saw Your Face/Stereophonics (Roberta Flack Cover)
11. Cathedrals/Jump Little Children (America Cover)
12. Main Title Theme for Everwood/Blake Neely (America Cover)
13. A Love Song/Treat Williams (Loggins & Messina, Anne Murray Cover)

「Everwood」はアメリカThe WB系列で2002年9月16日から2006年6月5日まで放送されたドラマで、日本でも「エバーウッド 遥かなるコロラド」のタイトルで「BS-i(現BS-TBS)」や「スーパー!ドラマTV」で放送されたそうですが、私は観たことがありません。

 

Hmv_logo
icon icon

Itunes_logo_2 Everwood (Original Television Soundtrack)

Everwood (Original Television Soundtrack)
Various Artists
価格: 1,100円
posted with sticky on 2017.8.30

23.【Kathryn Williams-Relations】17 May, 2004
Relations_s_02 01. In a Broken Dream(Python Lee Jackson cover)
02. Birds(Neil Young cover)
03. Thirteen(Big Star cover)
04. Hallelujah(Leonard Cohen cover)
05. Ballad of Easy Rider(The Byrds cover)
06. A Guy What Takes His Time(Mae West cover)
07. Candy Says(The Velvet Underground cover)
08. How Can We Hang On to a Dream(Tim Hardin cover)
09. I Started a Joke(The Bee Gees cover)
10. Easy and Me(Lee Hazlewood cover)
11. Spit on a Stranger(Pavement cover)
12. All Apologies(Nirvana cover)
13. Beautiful Cosmos(Ivor Cutler cover)
14. These Days(Nico, Jackson Browne Cover)

リヴァプール出身の女性シンガー・ソングライターによるカバー集で、
04. Hallelujahと14. These Daysは2003年ロンドンでのライヴ・レコーディングです。

Tower_records_logo
Kathryn Williams-Relations

HMV : なし

Itunes_logo

 

Tower_records_logo_2
Wicker Park

Hmv_logo
icon icon

Itunes_logo

 

Itunes_logo



28.【St. Vincent
Paris is Burning (EP)】2006
St_vincent__paris_is_burning_150 01. Paris is Burning
02. What Me Worry?
03. These Days
04.
05.
06.
07.
08.
09.
10.


Marry Me (Japanese Edition)】 10 July, 2007
Marry_me_150_02 01. Now, Now
02. Jesus Saves, I Spend
03. Your Lips Are Red
04. Marry Me
05. Paris is Burning
06. All My Stars Aligned
07. The Apocalypse Song
08. We Put a Pearl in the Ground
09. Landmines
10. Human Racing
11. What Me Worry?
Japanese bonus track
12. These Days

EPで発表された後に“Marry Me”の国内盤にのみボーナス・トラックとして収録されました。あくまで国内盤のみで輸入盤には収録されていませんのでお間違えなく。


この“Marry Me”のアルバムはCDエクストラ仕様になっていて“Your Lips Are Red”のライヴ映像が入っているのですが、その映像と同時に収録されたと思われる“These Days”のライヴ映像がYouTubeにアップされていました。

Amazonマーケットプレイスに出品がありますが、正価は2,457円(税抜き)ですからちょっと高いです。

TOWER RECORD : なし
HMV : なし

Itunes_logo_2

次回Part.4は1年間に5つのヴァージョンが発表された2008年(29~33)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

エリン・ボーディー(Erin Bode)、These Daysのパフォーマンス映像を公開

2017年8月9日にジャクソン・ブラウンの“These Days”を含むカバー・アルバム「HERE & NOW」をリリースした事は以前にこのブログでもご紹介しました(http://thesedays.way-nifty.com/blog/2017/08/erin-bodethes-1.html)が、そのパフォーマンス映像が9月15日に公開されました。

Screenshot006_2

Screenshot007_2

レコーディングと同じメンバーによる演奏のようですが、ご本人は以前と比べかなりふっくらとしたお姿のようです(^_^)

Tower_records_logo
HERE & NOW

Hmv_logo
icon icon

Itunes_logo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

The Birds Of St. Marks”のピアノ・アコースティック・ヴァージョン?

Theroadeast_liveinjapan
10月4日に日本限定で発売されるジャクソン・ブラウンの「LIVE IN JAPAN」、“THE ROAD EAST - LIVE IN JAPAN”と“STANDING IN THE BREACH+THE ROAD EAST - LIVE IN JAPAN”2種類になるわけですが、後者の2枚組の方には“The Birds Of St. Marks”のピアノ・アコースティック・ヴァージョンのライヴが収録されているようです。
http://www.sonymusic.co.jp/artist/JacksonBrowne/info/485801

そこで2015年東京公演3日間の音源を聴き直してみましたが、3日間共バンド演奏でした。
2015_cd

ひょっとして他の地区での公演ではピアノだけで歌われたんだろうか?などと思いつつもう一度記事を見直してみると、「<ライヴ:ピアノ・アコースティック・ヴァージョン>収録(DISC1)」とあります。
ん?「DISC1」って“LIVE IN JAPAN”じゃなくて“STANDING IN THE BREACH”の方ですか?最近のアコースティック・ライヴでの録音ですか?
謎は深まるばかり、早く詳細が知りたいです。

と、ここまで書いてからHMV見たら、ちゃんと“STANDING IN THE BREACH”のディスクにボーナス・トラックが追加されてました。
でもせっかく書いたし気がついていない方もいるかも知れないのでこのままアップ!


※8月の20日前後に、ソニーの発表より前にフライングでCD情報を掲載してしまったアマゾン、その後削除したまま掲載されていません(2017年9月10日現在)
ソニーのお叱りを受けたんでしょうか?これも謎(^_^;)

Tower_records_logo
THE ROAD EAST - LIVE IN JAPAN
STANDING IN THE BREACH+THE ROAD EAST - LIVE IN JAPAN

Hmv_logo_2
Road East -Live In Japan icon
Standing In The Breach +The Road East -Live In Japan 【来日記念盤】 icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«やはり本当だった!ジャクソンのライヴ盤発売されます。